このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    保護林

    貴重な自然環境の保護

    国有林野には、世界自然遺産を始めとする原生的な森林生態系を有する森林や、希少な野生生物の生育・生息の場となっている森林が多く残されています。
    国有林野事業では、こうした貴重な森林を「保護林」として設定し、森林や野生生物等の状況変化に関する定期的なモニタリング調査を実施して、森林の厳格な保護・管理を行っています。
     

    保護林制度について

    国有林野における保護林制度は、大正4(1915)年に学術研究等を目的に発足し、平成27(2015)年には創設から100年を迎え、創設以来、原生的な天然林や希少な野生生物の保護等において重要な役割を担ってきましたが、近年の生物多様性保全に対する国民の意識の高まりや学術的な知見の蓄積を踏まえ、同制度は、平成27(2015)年9月に 見直しが行われました。
    見直しは、それまで7区分であった保護林をその設定目的、規模等に応じて、(1)森林生態系保護地域、(2)生物群集保護林、(3)希少個体群保護林の3区分に再編しました。また、自立的復元力を失った森林を潜在的自然植生を基本とした生物群集へ誘導する「復元」の考え方が導入されるとともに、保護林管理委員会への管理の一元化による簡素で効率的な管理体制の構築等がなされました。その結果、全国の保護林の設定箇所数は666か所、設定面積は97.7万haとなっており、国有林野面積の13%を占めています。 

       林野庁HP http://www.rinya.maff.go.jp/j/kokuyu_rinya/sizen_kankyo/hogorin.html

    中部森林管理局の保護林

    中部森林管理局では、林野庁長官通知「 保護林制度の改正について(平成27年9月28日付け27林国経第49号)」を受けて、平成27年度~平成29年度までに管内の旧保護林141箇所102,441haについて、新区分に基づき86箇所112,250ha (平成30年4月1日現在の数値)に再編を行いました。また、「木曽悠久の森」内に設定した「木曽生物群集保護林」では、世界的に希少といわれている、天然のヒノキ、サワラ等を含む温帯性針葉樹林の復元に取組んでいます。

    中部森林管理局保護位置図

    中部森林管理局管内保護林位置図は、こちらから入手できます。(PDF : 9,611KB)

      

    森林生態系保護地域

    設定目的
    我が国の気候帯又は森林帯を代表する原生的な天然林を保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理技術の発展、学術の研究等に資する。(以下、写真の5箇所の保護林を紹介しております。写真をクリックしてご覧ください。)
    設定基準
    我が国の気候帯又は森林帯を代表する原生的な天然林主体とした、森林生態系としてのまとまりを持つ区域。原則として2,000ha以上。


    生物群集保護林

    設定目的
    地域固有の生物群集を有する森林を保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理
    技術の発展、学術の研究等に資する。(以下、写真の25箇所の保護林を紹介しております。写真をクリックしてご覧ください。)
    設定基準
    ・自然状態が十分保存された天然林を主体とした、地域固有の生物群落がまとまりを持つ区域。原則として300ha以上。
    自然状態が十分保存された天然林を中心に、地域固有の生物群集が存在し、今後、復元の取組が見込まれる森林を周辺部に包含する区域であって、原則として1,000ha以上。※設定する区域には、自然状態が十分保存された天然林と一体的に保護・管理すべき草地、湿地、高山帯、岩石帯等を含めることができる。


    希少個体群保護林

    設定目的
    希少な野生生物の生育・生息に必要な森林を保護・管理することにより、当該野生生物個体群の維持性を向上させ、野生生物の保護、遺伝資源の保護、学術の研究等に資する。(以下、写真の56箇所の保護林を紹介しております。写真をクリックしてご覧ください。)
    設定基準
    ・次のa.からg.のいずれかに該当する個体群を有し、その存続に必要な条件を含む5ha以上。(設定に際しては野生生物の生育・生息の他に、個体群の存続に必要となる更新適地等に配慮。)
    a.希少化している個体群
    b.分布限界域等に位置する個体群
    c.他の個体群から隔離された同種個体群
    d.遺伝資源の保護を目的とする個体群
    e.草地、湿地、高山帯、岩石地等、特殊な立地条件の下に成立している個体群
    f.温暖化等の影響により将来的に消失が懸念される個体群
    g.その他保護が必要と認められる個体群

    目的とする個体群の消失が懸念される危機的な森林等で、遺伝的に関連のある個体群の生育・生息地、更新適地等が周辺に飛び地として存在する場合には、野生生物の存続に必要な個体群の集合体(メタ個体群)を保護することを目的に、核となる森林等の周辺の当該飛び地を同一の保護林として設定。


     

    中部森林管理局保護林管理委員会等について


    木曽生物群集保護林復元計画(PDF : 11,741KB)

    令和2年度第1回中部森林管理局保護林管理委員会

    過去の資料

    お問合せ先

    計画保全部計画課

    担当者:企画官(森林資源評価)
    ダイヤルイン:026-236-2602
    FAX番号:026-236-2578

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader