このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    3-46大白川ドロノキ遺伝資源【7ha】

    大白川ドロノキ遺伝資源希少個体群保護林
    大白川ドロノキ遺伝資源希少個体群保護林
    大径木ドロノキの育成地

    設定目的

    大白川おおじらかわ国有林の一部に群生しているドロノキは、全国分布の最西端にあたるとされ、かつ、高木となっていることから、これの保護・管理を図ります。

    地況・林況

    大白川の川沿いに成立する林齢約200年のドロノキ大径木林であり、白山のドロノキ林は国内のドロノキ分布の西限近くに位置します。
    標高は850~890m、年平均気温は8.7℃、年降水量は2400mm、最深積雪深は250cmで、地質は流紋岩です。

    法指定等

    土砂流出防備保安林、保健保安林、白山国立公園、鳥獣保護区

    所在地

    岐阜県白川しらかわ

    モニタリング調査結果

    平成30年度(PDF : 437KB)

    お問合せ先

    計画保全部計画課
    担当:生態系保全係
    ダイヤルイン:026-236-2612