このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     

    保護林

     国有林における「保護林制度」は、大正4年に発足し、学術研究、貴重な動植物の保護、風致の維持等の面で重要な役割を担い、先駆的な森林等の保護制度として機能してきましたが、原生的な天然林の保存をはじめ、国民の森林の保護への要請が多様化、高度化したことを踏まえ、平成元年に、その保護及び管理の目的に応じた取り扱いを定め、既存の保護林を見直して再編し、さらに拡充を図ることとしました。

     現在、東北森林管理局管内には、131箇所、約20万ヘクタールの保護林が設定されています。 

    設定状況

     

    保護林の種類

    箇所数

    面積(ha)

    森林生態系保護地域

    8

    119,560

    森林生物遺伝資源保存林

    2

    7,601

    林木遺伝資源保存林

    40

    564

    植物群落保護林

    65

    71,416

    特定動物生息地保護林

    6

    514

    特定地理等保護林

    3

    100

    郷土の森

    7

    1,590

    合計

    131

    201,346

    各保護林の一覧にリンクしています。

    保護林位置図(PDF:2,382KB)

    保護林トップ2画像

    モニタ リング

     現況を把握し、今後の適切な保全・管理に反映するためモニタリング調査を実施しています。 
     調査結果に基づき、学識者等からなる保護林モニタリング調査検討委員会において、保護林の現状を判断し、適切な保全・管理を行うこととしています。
     

      年度別実施計画区

    平成19年度

    下北、馬淵川上流、宮城北部

    平成20年度

    三八上北、大槌・気仙川、雄物川、最上村山

    平成21年度

    東青、北上川上流、宮城南部、子吉川

    平成22年度

    津軽、久慈・閉伊川、置賜

    平成23年度

    北上川中流、米代川、庄内
     

    以降5年毎に1巡

    植生調査 センサーカメラ クマの糞

    植物調査

    動物調査(センサーカメラ)

    痕跡調査

     

    関連リンク

     

    お問合せ先

    計画保全部計画課
    ダイヤルイン:018-836-2092
    FAX:018-836-2203

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader