このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    奥羽山脈北西部生物群集保護林
    おううさんみゃくほくせいぶせいぶつぐんしゅうほごりん

    奥羽山脈北西部生物群集保護林

    1.  概要

    • 米代東部森林管理署上小阿仁支署、秋田森林管理署
    • 所在    秋田県北秋田市、仙北市
    • 設定    昭和47年4月1日
    • 面積    1,191.18ha

    2.  設定目的

    • 東北地方を南北に縦貫する奥羽山脈北西部の八幡平から西方に派生した支脈にあって、森吉山の南東側に位置し、緩やかな台地状の山地となっている。標高約800~1,000m程度の高海抜地にブナ林、天然スギ林、クロベ・キタゴヨウ林、低木林、中間湿原等がモザイク状或いは混交して地域的にまとまって発達していて国内では他に例がなく、学術的にも貴重な地域であることから、この区域の生物群集を保護・管理する。

    3.  その他

    • 取扱い方針
      自然の推移に委ねることを基本とし、施業等を必要とする場合には、管理経営の指針に基づき行うこととする。
    • 法令制限
      水源かん養保安林、国指定天然記念物(桃洞・佐渡のスギ原生林)、森吉山県立自然公園、国指定森吉山鳥獣保護区特別保護地区外、特別母樹林
    • 留意事項
      昭和47年4月1日に米内沢営林署及び阿仁営林署(現上小阿仁支署)において桃洞・佐渡スギ天然林学術参考保護林が、昭和48年4月1日に生保内営林署(現秋田森林管理署)において湯の森佐渡スギ天然林学術参考保護林がそれぞれ設定され、平成5年4月1日の第1次施業管理計画で桃洞・佐渡スギ植物群落保護林、湯の森佐渡スギ植物群落保護林にそれぞれ再編された。
      一方、昭和61年に阿仁営林署(現上小阿仁支署)において生物遺伝資源保存林第1種保存林(秋田スギ5、秋田キタゴヨウ・ネズコ6)に設定され、平成元年通達改正により林木遺伝資源保存林(佐渡スギ、ブナ森キタゴヨウ・ネズコ)に再編された。
      平成10年2月26日にこれらを統合の上で拡大して、奥羽山脈北西部生物遺伝資源保存林が設定された。

    お問合せ先

    計画保全部 計画課
    担当:生態系保全係

    ダイヤルイン:018-836-2092
    FAX:018-836-2203

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader