このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    大滝沢アカマツ遺伝資源希少個体群保護林
    おおたきさわあかまついでんしげんきしょうこたいぐんほごりん

    大滝沢アカマツ

    1.  概要

    • 米代東部森林管理署
    • 所在    秋田県大館市
    • 設定    昭和62年4月
    • 面積    8.48ha

    2.  設定目的

    • 胸高直径50~80cm程度のアカマツが林立する老齢成熟段階であるアカマツ林である。アカマツの密度が高く生育している林分と、アカマツの生育密度が低く、ミズナラ・コナラなどが侵入して混交林化が進行している林分の2タイプに大きく分かれる。このアカマツの遺伝資源の保存。
      なお、本保護林は大滝沢アカマツ林木遺伝資源保存林から移行したものである。

    3.  その他

    • 取扱い方針
      伐採方法は施業見合せ。
    • 法令制限
      水源かん養保安林
    • 留意事項
      過去に伐採等の施業記録はない。

    お問合せ先

    計画保全部 計画課
    担当:生態系保全係

    ダイヤルイン:018-836-2092
    FAX:018-836-2203

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader