このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    栗駒山・栃ヶ森山周辺森林生態系保護地域
    くりこまやま・とちがもりやましゅうへんしんりんせいたいけいほごちいき

    栗駒山・栃ヶ森山周辺森林生態系保護地域

    1.  概要

    • 岩手南部森林管理署、宮城北部森林管理署、秋田森林管理署湯沢支署
    • 所在    岩手県一関市、奥州市、宮城県栗原市、秋田県湯沢市、雄勝郡東成瀬村
    • 設定    平成6年4月1日
    • 面積    16,333.64ha(保存地区:9,129.57ha、保全利用地区:7,204.07ha)

    2.  設定目的

    • 栗駒山・栃ヶ森山周辺は、日本海型のブナ-チシマザサ型で林床にユキツバキを伴い、また、ミヤマナラとハイマツが混交し、亜高山帯針葉樹林が発達しない特異な景観を呈しており、国定公園に指定されている。また、宮城県側栗駒山麓中腹には「千年クロベ」と呼ばれる巨木をはじめ、周辺のブナ林内に自生するネズコ(クロベ)が点在する。この原生的な天然林を保存する。

    3.  その他

    • 取扱い方針
      保存地区については、原則として人手を加えずに自然の推移に委ねるものとする。保全利用地区については、木材生産を目的とする森林施業は行わないものとする。
    • 法令制限
      水源かん養保安林、土砂流出防備保安林、保健保安林、栗駒国定公園、宮城県・秋田県指定栗駒鳥獣保護区特別保護地区外、鳥獣保護区
    • 留意事項
      平成29年4月1日に、栗原千年クロベ植物群落保護林を統合。

    お問合せ先

    計画保全部 計画課
    担当:生態系保全係

    ダイヤルイン:018-836-2092
    FAX:018-836-2203

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader