このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    斗蔵山ウラジロガシ遺伝資源希少個体群保護林
    とくらさんうらじろがしいでんしげんきしょうこたいぐんほごりん

    斗蔵山ウラジロガシ遺伝資源希少個体群保護林

    1.  概要

    • 仙台森林管理署
    • 所在    宮城県角田市
    • 設定    大正8年
    • 面積    11.94ha

    2.  設定目的

    • 宮城県角田市の阿武隈川中流域に位置する、カヤ、モミの針葉樹とウラジロガシ、アカガシの常緑広葉樹及びケヤキ、イヌシデ等の落葉広葉樹の混交壮齢林。このカヤ及びウラジロガシの遺伝資源の保存。

    3.  その他

    • 取扱い方針
      伐採は枯損木及び被害木の除去にとどめ、更新補助作業は当面必要ない。
    • 法令制限
      風致保安林、斗蔵山県自然環境保全地域特別地区、鳥獣保護区
    • 留意事項
      当林分は旧仙台藩時代に槍の柄を生産する目的のため保護されていた。斗蔵寺に対する信仰、ウラジロガシの北限として、大正8年学術参考保護林に設定。

    お問合せ先

    計画保全部 計画課
    担当:生態系保全係

    ダイヤルイン:018-836-2092
    FAX:018-836-2203

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader