このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    湯渕沢ヒメカイウ希少個体群保護林
    ゆぶちざわひめかいうきしょうこたいぐんほごりん

    湯渕沢ヒメカイウ

    1.  概要

    • 秋田森林管理署
    • 所在    秋田県仙北市
    • 設定    平成3年4月1日
    • 面積    4.97ha

    2.  設定目的

    • 湯渕沢上流部の凹地及び周辺斜面に成立する人工林のヒメカイウと自生地周辺の人工林も含め保存することを目的とする。

    3.  その他

    • 取扱い方針
      今後も自然の推移にゆだねることを基本とし、施業等を必要とする場合は、管理経営の指針に基づき行うこととする。
    • 法令制限
      水源かん養保安林
    • 留意事項
      ヒメカイウは、北海道、本州(中部以北)に分布し、これまで北海道(倶知安)、青森(恐山)などの6箇所に自生するといわれてきたが、昭和63年に本地域において、秋田県内では初めて発見された。
      ヒメカイウは氷河期の遺産植物。ブナ帯~シラビソ帯の浅い水中や湖畔に群生し、全国的にも極めて貴重であると考えられている。
      平成3年4月1日の第6次地域施業計画で植物群落保護林に設定された。

    お問合せ先

    計画保全部 計画課
    担当:生態系保全係

    ダイヤルイン:018-836-2092
    FAX:018-836-2203

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader