このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    木材を利用した建築物等の紹介

     高度成長期に植えられた日本の人工林は、今まさに、木材として利用するのに最適な量の木が育っています。日本の森林資源を積極的に「伐って、使って、植える」ことで日本の森林が元気になっていきます。そこで日本最大の消費地である東京都を中心とした国産木材を利用した「注目施設」をはじめ、「公共建築物」、「中大規模木造建築物」など国産木材の需要拡大に向けた取り組みについて取材、掲載していきます。

    第17回「Port Plus」NEWアイコン

    第16回「KITOKI」

    第15回「ANDPAD HOUSE」


    第14回「流山市立おおぐろの森小学校」
     


    第13回「高円宮記念JFA夢フィールド」
     


    第12回「日刊木材新聞社新社屋」
     
     


    第11回「ROOFLAG賃貸住宅未来展示場」 

    第10回国産木材の魅力発信拠点「MOCTION」  

    第9回有明体操競技場  
     

    第8回フラッツウッズ木場   


    各賞のホームページへはこちらから

    ウッドデザイン賞2021

    木材利用優良施設コンクール

    第7回 Park Community KIBACO  
    第6回 神田明神文化交流館EDOCCO
    第5回 新豊洲 Brilliaランニングスタジアム
    第4回 板橋区立板橋第一小学校 
    第3回 木育サミット in 江東区 
    第2回 東急池上線「戸越銀座駅ホーム」
    第1回 豊洲シビックセンター

    お問合せ先

    関東森林管理局東京事務所

    担当者:連絡調整官
    ダイヤルイン:03-3699-2512
    FAX番号:03-3699-7137

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader