このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

森林整備事業

 背景

森林は、国土の保全、水源の涵養、地球温暖化の防止、木材をはじめとする林産物の供給等の多面的機能を有しており、国民生活及び国民経済に大きく貢献しています。このような機能を持続的に発揮しつつ、林業の成長産業化を実現していくためには、植栽、保育、間伐等の森林整備を適切に行うことによって、健全な森林を造成し、資源の循環利用を進めていく必要があります。

特に、我が国の森林が利用期を迎える中、森林施業の集約化や路網整備を通じて施業の低コスト化を図りつつ、計画的に間伐や主伐後の再造林等の森林整備を進めることが重要です。

また、奥地等の条件不利地や、気象害、鳥獣害等を受けた被害森林のような、林業的な取り組みで対応できない森林については、公的な関与による森林整備を強化することが必要です。

このような多様な森林に対応した整備を推進していくため、「森林整備事業」を実施しています。

 森林整備に対する支援

森林整備事業では、植付、下刈り、間伐等への作業に対し、補助が行われます。作業を実施した者は、都道府県に補助金の交付を申請し、都道府県が検査を行った後、補助金が交付されます。

森林整備事業のあらまし(森林整備事業の紹介)

関係通知等

森林整備に関する調査報告書

  • 森林整備に関する調査報告書(低コスト造林技術実証・導入促進事業、低密度植栽技術の導入に向けた調査、早生樹利用による森林整備手法検討調査)を掲載しています。

森林整備事業の実績

 森林整備事業の申請・検査(ドローン等の活用)

森林整備事業の申請・検査の際、図面や写真を添付することとしていますが、2020(R2)年4月より、GISデータやドローン等の画像の使用も可能としました。

その他

関連ページへのリンク

 

森林

 

お問合せ先

森林整備部整備課造林間伐対策室

担当者:造林間伐企画班
代表:03-3502-8111(内線03-3502-8111(内線6177))
ダイヤルイン:03-3502-8065
FAX番号:03-3502-6329

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader