このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

森林づくりの新たな技術

利用期を迎えた森林が増加しており、主伐後に再造林を行うことにより、多面的機能を持続的に発揮させつつ森林資源の循環利用を推進することが必要です。そのためには、伐採と造林の一貫作業システムの導入などの造林コストの低減、下刈りや間伐の省力化、獣害対策等が重要となってきます。

ここでは、林野庁、森林総合研究所や各都道府県が行った低密度植栽や早生樹活用などの森林づくりに関する新たな技術に関する調査報告書やパンフレット、これまでに開催したシンポジウムの資料などの資料をまとめました。
森林整備を効率的・効果的にすすめる上でお役立ていただければ幸いです。

なお、関係法令、制度等は調査時点以降改正されている可能性がありますので、実際の事業の実施に際しては、最新の情報をご確認下さるようお願いいたします。

1.林野庁事業による調査報告書

林野庁において実施した森林整備に関する委託調査の調査報告書及び林野庁が制作したパンフレット等です。

造林分野への異分野の技術等の導入関係

造林分野の課題の解決に資する異分野技術等の導入・活用を推進し、造林分野におけるイノベーションを促進するために実施した各委託事業、補助事業の報告書等を掲載しています。

令和元年度森林づくりイノベーション創出事業

令和元年度森林づくりへの新技術導入・実証事業 (異分野技術導入・実証)

令和2年度先進的造林技術推進事業(造林分野への異分野の技術等の導入促進事業)

低密度植栽技術の導入に向けた調査

主伐後の再造林を確実に実施するため、再造林の低コスト化を推進することが不可欠となっており、低コスト造林に繋がる可能性のある低密度植栽技術についての調査を、平成27年度(2015年度)から令和2年度(2020年度)にかけて実施しました。

コンテナ苗基礎知識

低コスト造林に資するコンテナ苗については、林野庁として積極的に推進してきたところであり、徐々に生産量が増加しているところです。
コンテナ苗の育苗方法については、各方面で試験研究が進んでおり、全国各地で様々な手法によって育苗されています。また、コンテナ苗の特徴についても、各地における試験結果等から、様々な考察がなされてきました。しかし、コンテナ苗に関する多くの情報の中には、誤った知識も見受けられているところです。
このため 、国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所の協力のもと、コンテナ苗に関する最新の知見と技術を取りまとめ広く公表することによって、その普及を図ることを目的に「コンテナ苗基礎知識」を作成しました。

コンテナ苗標準化に向けた調査

最新の技術的知見を取り入れた、樹種や地域に応じた生産技術・システム(手引き)の作成と、公共事業である森林整備事業における再造林の根幹をなすコンテナ苗の規格の見直しを行うことで、低コストで品質の確かなコンテナ苗の生産技術の定着とその供給拡大を促進するための公共調査を実施しているところです。
なお、本事業は令和元年度より3ヵ年で実施しているところです。


コンテナ苗の大苗化の手引き

造林の低コスト化に向けて、下刈りや間伐のコストを削減するためには、⼤きな苗⽊を少なく植えることも選択肢の⼀つです。
また、昨今の新型コロナウイルス流⾏等の影響により主伐が減少すると、再造林に⽤いる苗⽊に残苗が発⽣することが考えられます。⼀⽅で、コンテナ苗は、残苗をそのまま育苗する技術が確⽴されておらず、⼤量に廃棄されるおそれがあります。
そこで、令和2年度コンテナ苗標準化に向けた調査において、コンテナ苗の残苗をより⼤きなコンテナ容器に移植し、⼤苗として育てて翌年出荷することで、苗⽊の付加価値向上と造林の低コスト化に繋げるこための手引き(暫定版)をとりまとめました。

この取組は、令和2年度から2カ年で実施予定です。本資料は、⼤苗化の⽅法をいち早くお知らせするため、1年⽬の途中経過を暫定版としてとりまとめたものであり、事業完了(令和3(2021)年度予定)後、改めて完成版の⼤苗化の⼿引き及びコンテナ苗の⼤苗の定義をご案内します。


早生樹利用による森林整備手法検討調査

多様で健全な森林への誘導や林業の成長産業化に向けて、早く大きく成長する早生樹の本格的な利用に向けた取組を進めることが重要となっていることから、早生樹による森林整備手法についての調査を、平成29年度(2017年度)から平成31年度(2019年度)にかけて実施しました。

ドローンを活用した新たな造林技術の実証・調査

日本の森林の大半は急傾斜地にあり、造林作業は高コストのみならず労働強度の高い状況となっていることから、担い手不足の深刻化も懸念されています。そのため、急傾斜地である日本の森林に対応した、ドローンを活用した低コスト・省力的な苗木運搬等に関する造林技術についての実証と調査を実施しました。

列状間伐の手引き

必要な間伐を確実に実施するためには間伐作業の生産性を向上することが重要です。路網や高性能林業機械との組み合わせにより間伐を効率的に進める有効な手法である「列状間伐」をすすめるための手引きをとりまとめました。

シンポジウム「早生樹・エリートツリーの現状と未来~その可能性と課題を探る~」

平成31年(2019年)3月に東京大学弥生講堂一条ホールにおいて、シンポジウム「早生樹・エリートツリーの現状と未来~その可能性と課題を探る~」を開催しました。当日の講演資料を以下のサイトに掲載しております。

伐採作業と造林作業の連携等の促進について

低コスト造林技術実証・導入促進事業等の報告書を踏まえ、平成30年(2018年)に伐採と造林の一貫作業システムのメリット等を示した整備課長通知「伐採作業と造林作業の連携等の促進について」をまとめました。

低コスト造林技術実証・導入促進事業

造林経費の太宗を占める地ごしらえ及び植栽から下刈りまでの経費の低コスト化を進めるため、伐採と地ごしらえの一体化による低コスト造林技術についての調査を、平成26年度(2014年度)から平成29年度(2017年度)にかけて実施しました。

低コスト造林等導入促進事業

平成25年度(2013年度)にコンテナ苗による造林、伐採と造林作業の一体的な実施といった取組を様々な条件下にある地域へ導入し、その結果を分析・評価して全国に普及することで造林コストの低減を図り、森林・林業の再生を図るために実施しました。
事業報告書、現地検討会等資料については以下のリンク先に掲載されています。

全国低コスト造林シンポジウム

平成26年(2014年)1月に木材会館檜のホールにおいて、「全国低コスト造林シンポジウム」を開催しました。当日の講演資料を以下のサイトに掲載しております。


森林整備革新的取組支援事業

平成18年度(2006年度)から平成22年度(2010年度)に実施した「森林整備革新的取組支援事業」の事業概要、優良事例をとりまとめた資料を、以下のサイトに掲載しております。

森林・林業再生プラン実践事業

平成22年度(2010年度)に実施した「森林・林業再生プラン実践事業」の事業概要、実施した各地区の取組内容をとりまとめた資料を、以下のサイトに掲載しております。

平成20年度 低コスト新育苗・造林技術開発事業報告書(コンテナ苗育苗・植栽マニュアル)

苗木生産及び植栽にかかる経費の大幅な減少と効率的な植栽作業が可能となるマルチキャビティコンテナを活用した育苗・造林技術を開発するため、平成20年度(2008年度)に実施した「低コスト新育苗・造林技術開発事業」で作成した報告書と、コンテナ苗育苗・植栽マニュアルを以下に掲載しております。

2.(国研)森林研究・整備機構による研究報告等

森林総合研究所、林木育種センターの知見をまとめた報告書、マニュアル、パンフレット等が掲載されたページへのリンク集です。詳細については各リンク先に記載されている連絡先にお問い合わせください。

造林・間伐の低コスト化関係

苗木生産関係

広葉樹林関係

獣害対策関係

その他

3.都道府県の研究機関等作成の資料リンク集

都道府県や都道府県の研究機関がとりまとめた資料へのリンク集です。詳細についてはリンク先に記載されている各都道府県の連絡先にお問い合わせください。

北海道

秋田県

岩手県

宮城県

石川県

お問合せ先

林野庁森林整備部整備課造林間伐対策室

担当者:造林間伐企画班
ダイヤルイン:03-3502-8065

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader