このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

ウッドデザイン賞

更新日:令和2年12月14日
我が国においては、戦後造成した人工林が本格的な利用期を迎えており、適正な森林整備を進めていくためには、国産材の積極的な利用を促進していくことが重要です。
「ウッドデザイン賞」は木の良さや価値を再発見できる製品や取組について、特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する顕彰制度です。
これによって木のある豊かな暮らしが普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、木材利用が進むことを目的としています。(林野庁補助事業)

ウッドデザイン賞の概要

応募対象

森林・林業・木材産業関係者、建築・住宅・家具インテリア産業関係者、設計士、デザイナー、クリエイター、施設・店舗のオーナー、小売・流通事業者、メディアなど、木づかいを推進するすべての方が応募対象者となります。
また、建築・空間、木製品、取組、技術・研究など木材利用促進につながるあらゆるモノ・コトが、応募の対象になります。

表彰部門

「ライフスタイルデザイン部門」~木を使って暮らしの質を高めているものが対象~
「ハートフルデザイン部門」~木を使って人の心を豊かにし、身体を健やかにしているものが対象~
「ソーシャルデザイン部門」~木を使って地域や社会を活性化しているものが対象~
の3つの表彰部門を設けています。

ウッドデザイン賞の構成

第1次審査、第2次審査を通過した作品には「ウッドデザイン賞」が付与されます。
ウッドデザイン賞受賞作品の中から、最終審査を経て、最優秀賞、優秀賞、奨励賞、特別賞が選出、表彰されます。
特別賞「木のおもてなし賞」では、日本の「木の文化」の国内外への発信、来日観光客等に向けた木のおもてなしにつながる優れた建築・空間、木製品、取組等に対して表彰します。

受賞後の展開

入賞作品は、「ウッドデザインマーク」を使用できるとともに、受賞作品を掲載した「ウッドデザインコンセプトブック」の制作・配布、各種展示会への出展等により幅広くPRされます。  

 

ウッドデザイン賞マーク

エコプロ2017展示 各種展示2017


ウッドデザインマーク

受賞作品を用いたライフスタイル展示の様子 その他各種イベントにおける展示の様子


ウッドデザイン賞について、詳細はこちらをご覧ください(外部リンク)

「ウッドデザイン賞2020」受賞作品が発表されました! 

2020年10月14日(水曜日)、第6回目を迎える「ウッドデザイン賞2020」の受賞作品全191点が発表されました。
新たな木の魅力に出会える今年の受賞作品一覧は、ウッドデザイン賞公式HP(外部リンク)をご覧ください。

「ウッドデザイン賞2020」受賞作品
(左上から、池袋西口公園 GROBAL RING CAFÉ、木製ブロック ズレンガ、奈良県コンベンションセンター)
(左下から、1964東京オリンピックゆかりの木プロジェクト、高畠屋内遊戯場もっくる、木硯)

「ウッドデザイン賞2020」上位賞受賞作品が発表されました!

2020年12月11日(金曜日)、「ウッドデザイン賞2020」の上位賞受賞作品全29点が発表されました。
今年度は、432点のご応募から191点の作品がウッドデザイン賞を受賞し、さらにこの191点から、「最優秀賞(農林水産大臣賞)」1点、「優秀賞(林野庁長官賞)」各部門3点ずつ、「奨励賞(審査委員長賞)」各部門5点ずつ、「特別賞(木のおもてなし賞)」4点が選ばれました。

最優秀賞(農林水産大臣賞)
有明体操競技場
株式会社日建設計、清水建設株式会社、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

最優秀賞(農林水産大臣賞)受賞作品
国際規模のスポーツ競技大会施設。日本の伝統的な木造建築の美しさを醸しつつ、多くの観客を迎え入れる競技場としての機能性を併せ持つ。


優秀賞(林野庁長官賞)
優秀賞(林野庁長官賞)受賞作品の一部
(左上から、FLATS WOODS 木場、八ヶ岳カラマツチェンバロ・プロジェクト、Continuum)
(左下から、寝室に木材系内装や家具が多いと働く人の不眠症の疑いが少ないことを実証:筑波大学睡眠疫学プロジェクト、 西脇市立西脇小学校保存・改修に伴う基本計画および工事、CLT PARK HARUMI)

優秀賞(林野庁長官賞)の詳細はこちら

奨励賞(審査委員長賞)
奨励賞(審査委員長賞)受賞作品の一部
(左上から、Sou、2✕4工法 床構面開発事業、世界的に価値の高いクラフトジンの商品化を通じた里山との関係構築 ~ネズミサシの活用と持続的な育成~)
(左下から、QRwood、椿茶屋、森をまとう 六甲の糸・ファブリック&六甲山の香り・ファブリックミスト) 

奨励賞(審査委員長賞)の詳細はこちら

特別賞(木のおもてなし賞)
木のおもてなし賞(特別賞)受賞作品
(左上から、HEXa(ヘキサ)、ひねり髪すき/Japan)
(左下から、CONTEXTED(コンテクステッド)、THE HIRAMATSU 京都) 


過去のウッドデザイン賞(2015~2019)の審査結果、受賞作品については、こちらをご覧ください
(外部リンク)

英語版パンフレットはこちら
Japan Wood Design Award 2016 (Cutting-edge Wood Products in Japan)
https://www.wooddesign.jp/2016/pdf/wood2016_release-english.pdf(外部リンク)

Japan Wood Design Award 2017
https://www.wooddesign.jp/2017/pdf/wood2017_release-english.pdf (外部リンク)

ご注意ください(ウッドデザイン賞事務局を名乗る営業・勧誘について)

ウッドデザイン賞事務局を名乗り、高額なカタログ等を販売しようとする営業・勧誘が行われているという情報がありました。
ウッドデザイン賞運営事務局によれば、同運営事務局ではカタログ販売、有償のサービスの営業等は一切行っておらず、同運営事務局とは一切関係がないとしていますので、ご注意ください。

 

お問合せ先

林野庁林政部木材利用課

担当者:消費対策班
ダイヤルイン:03-6744-2296
FAX番号:03-3502-0305

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader