このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

森林鉄道

森林鉄道は、木材を運搬するための林業用の鉄道で、主に、明治時代から昭和40年代頃にかけて活躍しました。建設主体は、国有林を管轄する国によるものが大半で、全国の国有林森林鉄道の全路線数は1,000路線、延長は8,000km以上に及びました。

1.国有林の森林鉄道の歴史

森林鉄道

 (1) 誕生の背景

従来、丸太は、伐採現場から人力、畜力によって河川のそばまで運び、そこから水力によって輸送する方法が一般的でした。上流域では、河川を堰止め、そこに丸太を浮かべ堰を切ることにより鉄砲水とともに一挙に下流に押し出す管流しと呼ばれる方法によりました。これを繰り返すことで大きな河川に達すると、丸太は筏に組まれて流送され集積地まで運ばれました。このような運材方法は危険度が高く人命が数多く失われ、丸太の損傷、消耗率も高く、また、流水量の季節変化により流送量も左右されました。

明治以降、電源開発等のためダムが建設されるなど、流送そのものが不可能になる地域もあり、また、伐採量の増大により、代替の輸送方法が求められました。

 

(2) 森林鉄道の誕生

 明治34年、長野県の阿寺渓谷の宮内省所管の御料林内に、我が国初の森林鉄道と言える、阿寺軽便鉄道が敷設されました。この鉄道は、主に塩や味噌などの従業員の生活物資を輸送することが目的だったようです。

農商務省所管国有林としては、明治37年に、和歌山県九度山国有林において、土場連絡用軌道が建設されたのが、最初となります。そして、木材輸送を目的とする動力車がけん引する本格的な森林鉄道としては、明治41年に運用を開始した、津軽森林鉄道が最初になります。

 

 (3) 国有林の森林鉄道の概要

全国各地の国有林で森林鉄道が整備され、現在把握されているもので、北海道森林管理局管内では132路線1,363km、東北森林管理局管内で473路線2,950km、関東森林管理局管内で78路線387km、中部森林管理局管内で132路線1,036km、近畿・中国森林管理局管内で78路線364km、四国森林管理局管内で111路線795km、九州森林管理局管内で170路線1,284km、合計1,174路線8,180kmにも及びました。

 ・国有林の森林鉄道の全路線(PDF:1,628KB)

 

(4)  国有林の森林鉄道の終焉

戦後の高度経済成長に伴う木材需要の増大に対処し、国有林材の生産の大幅拡大に迫られる中、国有林の木材輸送の主役を担った森林鉄道も、トラックの性能向上、自動車道の整備に伴い、より機動的なトラック運材に置き替えられていきます。昭和30年代後半から森林鉄道路線は、急速に廃止または自動車道への転換が進められました。

現存する屋久島の安房森林鉄道を除くと、昭和51年に廃止された王滝森林鉄道鯎沢支線が最後の森林鉄道となりました。

 

2.国有林の森林鉄道の運営の組織

 国有林の管理は、主に農林省、宮内省、内務省の3省で所管されていたものが、昭和22年の林政統一により、農林省に一元化されました。農商務省林野庁の国有林では、森林鉄道は、営林署長の下に運転主任と保線主任が置かれました。運転主任の管轄下には、停車場手、転てつ手、機関手、機関助手が置かれ、また、保線主任の管轄下には、保線手、線路工夫、保線区長が置かれました。

また、長大路線であった津軽森林鉄道(支線・分線を含めると320km)と王滝森林鉄道(関連路線を含めると211km)の管理のために、特別に、青森運輸営林署と上松運輸営林署が置かれました。

 

3.森林鉄道の車両

森林鉄道の導入当初は、動力車をもたず、台車に木材を積み、制動手が手動でブレーキ操作を行いながら自重で下り勾配を下りる、豆トロと呼ばれる軌道でした。空の台車は、山の上方まで、人力や畜力で回送されました。やがて、台車の回送にガソリンカーなどの小型動力車が用いられるようになり、更には木材を積載した台車の牽引そのものを蒸気機関車などの動力車で行う「鉄道」が建設されました。

森林鉄道の我が国初の蒸気機関車は、津軽森林鉄道用に、明治40年に青森県の蟹田桟橋に陸揚げされた、ボールドウィン製リアタンク蒸気機関車3両とラーマ-製蒸気機関車です。国有林で導入された蒸気機関車は、ボールドウィン、コッペルなどの外国製、雨宮製作所、協三工業、国鉄釧路工場などの、約200両です。ディーゼル機関車は、昭和3年に帝室林野局が上松運輸出張所に導入したドイツ製のものが最初でしたが、出力不足等のため、成果が挙げられない期間が続きました。戦後になると、昭和23年に野村組工作所製のものが馬路営林署に導入されたのをはじめ、加藤製作所、酒井工作所、協三工業製などの機関車が数多く導入され、蒸気機関車に置き替わり、ディーゼル機関車の全盛期を迎えました。

この他、主要な森林鉄道には職員輸送用の客車や機動的な職員巡視用の小型モーターカーがありました。 また、王滝森林鉄道では、職員用客車列車の「みやま」号や町所有の学童通学用専用列車の「やまばと」号があり定期運行されていました。 特殊な車両としては、職員用の理髪車、皇族が利用したお召し車両も存在しました

 

4.現存する森林鉄道

 現役の森林鉄道

現役の森林鉄道は、国有林のものでは屋久島の安房森林鉄道及びそれ以外のものは京都大学芦生演習林の森林軌道のみで、これら以外は全て廃止されています。

 

動力車の保存状況

(1) 蒸気機関車

蒸気機関車では唯一動態保存されているものが、北海道丸瀬布営林署の武利(むりい)森林鉄道で運行していた雨宮製作所製21号サイドタンク蒸気機関車で、現在、丸瀬布いこいの森で観光用に客車を牽引し運行されています。

静態保存されているものは3両で、いずれも米国ボールドウィン製のリアタンク蒸気機関車です。 温根湯森林鉄道で運行していた2号機が東北森林管理局仁別森林博物館に展示されています。温根湯森林鉄道廃止に伴い当時建設された博物館の開館に合わせ秋田営林局に譲渡されたものです。

同様に、群馬県に所在する森林技術総合研修所根利機械化センターには置戸森林鉄道で運行していた3号機が、長野県の赤沢自然休養林には小川、王滝森林鉄道で運行した1号機がそれぞれ保存されています。

 

(2) ディーゼル機関車

ディーゼル機関車では、山形県真室川町「まむろがわ温泉梅里苑」の秋田営林局管内で運用されていた加藤製作所製4.8tディーゼル機関車、長野県南牧村野辺山のSLランドの上松運輸営林署で運用されていた酒井工作所製5t及び4.1tディーゼル機関車、高知県馬路村の円山公園の野村組製4.8tディーゼル機関車など、全国で7両が動態保存されています。なお、馬路村の馬路温泉前では、外観をポーター製蒸気機関車に似せた垣内製ディーゼル機関車が観光客を乗せています。静態保存車両の数は39両にも及びます。
なお、長野県上松町の赤沢自然休養林内を走る森林鉄道の路線は、小川森林鉄道の赤沢支線の路線をそのまま利用していますが、運用機は、北陸重機製の5tディーゼル機関車で、観光運行用に新造されたものです。

 

(3) ガソリンカー、モーターカー

ガソリンカー、モーターカーでは、動態保存8両、静態保存6両が存在します。

 

5.近代化遺産としての森林鉄道

 平成21年、高知県の魚梁瀬森林鉄道の5カ所の隧道と9基の橋梁が森林鉄道遺構としては我が国で最初に国重要文化財の指定を受けました。また、経済産業省が認定する近代化遺産として、平成20年の認定近代化遺産群の一つに「山間地の産業振興と生活を支えた森林鉄道の歩みを物語る近代化産業遺産群」が決定しました。この遺産群には、動態、静態保存されている蒸気機関車や小川森林鉄道の軌道や橋梁、芦生演習林軌道、魚梁瀬森林鉄道の橋梁、隧道遺構、屋久島の安房森林鉄道が選ばれています。

このほか、青森県中泊町博物館が所蔵する津軽森林鉄道のディーゼル機関車や津軽の林業用具が平成24年に青森県の登録有形民族文化財に指定されています。

さらに、日本森林学会は、創立100周年を記念して林業遺産を選定しましたが、その一つとして木曽森林鉄道が選ばれました。具体的な遺構としては、小川森林鉄道の十王沢橋梁、鬼淵橋梁、小野田橋梁、ボールドウィン蒸気機関車、王滝森林鉄道の田島停車場跡地、大鹿橋梁、阿寺森林鉄道の第一阿寺川橋梁です。

 

6.森林鉄道の映像・画像

(1) 北海道の森林鉄道

-映像-

芦別森林鉄道

 ・芦別森林鉄道

 ・森林鉄道輸送(芦別森林鉄道サキペンベツ輸送)(昭和30年頃) 制作:上芦別営林署

 ・鉄道撤去式

-画像-

幾春別森林鉄道(北海道森林管理局HPへ)

温根湯森林鉄道(北海道森林管理局HPへ)

 

(2) 東北の森林鉄道

-映像-

枕木のうた

思い出の森林鉄道(平成19年)  制作:東北森林管理局
よみがえれ!ディーゼル機関車(平成19年)  制作:東北森林管理局

-画像-

仁別森林博物館(東北森林管理局のHPへ)

津軽森林鉄道・国産導入第一号の雨宮製作所製10t蒸気機関車(JPG:1,108KB)

津軽森林鉄道・金木営林署(JPG:533KB)

津軽森林鉄道・中里営林署(JPG:920KB)

青森運輸営林署の修理工場(JPG:1,269KB)

大畑森林鉄道・大畑営林署(JPG:986KB)

川内森林鉄道・川内営林署(JPG:2,085KB)

小阿仁林道・合川営林署(JPG:1,110KB)

森林鉄道・能代営林署(昭和23年)(JPG:68KB)

仁鮒停車場・能代営林署(JPG:101KB)

仁鮒林道・能代営林署

仁別林道・秋田営林署(JPG:2,233KB)

 

(3) 中部の森林鉄道

-映像-

木曽御料林(機関車・木馬など)

木曽御料林(森林鉄道)

木曽国有林の伐木運材-part1part2part3

木曽王滝森林鉄道ひのきの里を去る林鉄

-画像-

御神木運搬・赤沢(大正9年)(JPG:1,301KB)

除雪作業・大滝森林鉄道(JPG:3,323KB)

上松運輸営林署での検車風景(JPG:4,335KB)

小川森林鉄道(大正時代)(JPG:1,292KB)

伊那川森林鉄道・野尻営林署(JPG:1,037KB)

阿寺森林鉄道・野尻営林署(JPG:1,113KB)

小坂森林鉄道(昭和26年)(JPG:322KB)

七宗森林鉄道・岐阜営林署(昭和27年)(JPG:596KB)

トロリー積み込み及び機関車運材連結・荘川営林署(昭和11年)(JPG:2,844KB)

金木戸森林鉄道・神岡営林署(JPG:2,744KB)

常願寺川森林鉄道・富山営林署(JPG:370KB)

段戸本谷線・新城営林署(昭和6年頃)(JPG:316KB)

田口森林鉄道寒狭川橋梁・新城営林署(JPG:259KB)

帝室林野局名古屋白鳥貯木場(大正13年頃)(JPG:3,833KB)

機関車運材・名古屋営林局管内(昭和10年)(JPG:1,431KB)

 

(4) 四国の森林鉄道

-画像-

魚梁瀬森林鉄道(四国森林管理局へ)

 

(5) 九州の森林鉄道

-画像-

市成林道・菊池営林署(JPG:191KB)

内大臣林道(大正4年)(JPG:93KB)

内大臣林道・矢部営林署(昭和初期)(JPG:196KB)

内大臣林道・矢部営林署(昭和20年代)(JPG:93KB)

大塚林道・人吉営林署(JPG:193KB)

段塔林道・人吉営林署(昭和10年)(JPG:98KB)

赤水林道・延岡営林署(JPG:119KB)

日之影林道・高千穂営林署(JPG:2,771KB)

鹿川林道・高千穂営林署(昭和27年)(JPG:88KB)

折登林道吹山支線(西都営林署)(JPG:391KB)

茶臼岳林道・綾営林署(昭和10年)(JPG:1,249KB)

巣之裏林道・小林営林署(昭和14年)(JPG:81KB)

大口林道・大口営林署(昭和10年代)(JPG:53KB)

飯野林道・えびの署(大正期)(JPG:58KB)

内之牧林道・大根占営林署(昭和17年)(JPG:70KB)

安房林道・下屋久営林署(JPG:2,649KB)

 

 

資料

 ・近代化遺産「国有林森林鉄道」の軌跡(PDF:1,967KB)

お問合せ先

林政部林政課

担当者:渉外広報班
代表:03-3502-8111(内線6012)
ダイヤルイン:03-3502-8026
FAX番号:03-3591-6505