このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    白神山地世界遺産地域のモニタリング

    白神山地世界遺産地域管理計画に基づき、遺産地域を科学的知見に基づき順応的に管理していくため、白神山地世界遺産地域連絡会議の関係行政機関は、地元市町村、大学・研究機関、その他の学識経験者等と連携・協力して、効果的な調査研究・モニタリングによる科学的知見の集積に努めることとされています。このため、白神山地世界遺産地域科学委員会の助言を得つつ、遺産地域の管理に必要なモニタリングの目標、実施項目、管理指標を設定した「白神山地世界遺産地域モニタリング計画(PDF : 797KB)」に基づき、長期的なモニタリングを関係機関の連携のもと実施しています。
    東北森林管理局では、主に以下のモニタリング調査を実施しています。
    なお、モニタリングの評価・見直しについては、おおむね5年ごとに実施することとされており、平成28年度に実施した評価では、「現在のところ、森林構造に関する顕著な異変は見られておらず、原始性の高いブナ林が維持されているものと考えられる。」とされています。

    白神山地世界遺産地域における原生的ブナ林の長期変動調査

    ・調査実施年:平成10年度~(毎年実施)
    ・調査箇所:青森県側:ヤナダキノサワ試験地(100m×200m)、秋田県側:粕毛川源流部試験地(100m×200m)
    ・調査項目:林内気温、最深積雪、毎木調査、樹幹投影図作成、倒壊樹冠発生木調査、林床植生調査
    ・調査結果:以下のとおり。

    令和2年度 白神山地世界遺産地域における原生的ブナ林の長期変動調査報告書(概要版)(PDF : 3,247KB)
    令和元年度 白神山地世界遺産地域における原生的ブナ林の長期変動調査報告書(概要版)(PDF : 3,803KB)
    平成30年度 白神山地世界遺産地域における原生的ブナ林の長期変動調査報告書(概要版)(PDF : 2,794KB)

    白神山地世界遺産地域等における垂直分布の植生モニタリング調査

    ・調査実施年:平成25年度、平成30年度(5年毎に実施)
    ・調査箇所:白神岳、高倉森、二ツ森、小岳
    ・調査項目:標高別の植生調査
    ・調査結果:以下のとおり(平成30年度調査分です)。

    白神山地世界遺産地域等における垂直分布の植生モニタリング調査報告書(概要版)(PDF : 6,309KB)


    ※以前の調査の実施状況や結果概要(白神山地世界遺産地域連絡会議の他機関が実施したものを含む)については、「こちら」をご覧ください(東北地方環境事務所白神山地世界遺産センターHPへリンクします)。

    お問合せ先

    計画保全部
    担当者:自然遺産保全調整官
    ダイヤルイン:018-836-2489
    FAX:018-836-2203

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader