このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林・林業技術等交流発表会

    関東森林管理局管内においては、民有林・国有林ともに、林業の成長産業化の実現に貢献する取組として、森林施業、森林の保全、森林資源の活用等に関し、新たな技術の開発などの様々な取組が行われています。関東森林管理局では、こうした取組により得られた技術の成果や調査・研究に基づく知見、様々な活動事例等を多くの関係者で共有するとともに、広く普及することを目的として、毎年度、都県、市町村、林業事業体、学校等に参加していただき、森林管理局・署等との交流を図る森林・林業技術等交流発表会を開催しています。

    令和元年度 NEWアイコン

      令和元年度森林・林業技術等交流発表会を2月13日から2月14日に開催しました。
      本交流発表会では、2日間にわたり、各森林管理署等に加えて都県、市町村、林業事業体、学校等から多くの方が参加し、計24課題のスライド発表が行われました。
      獣害対策、無人航空機の活用、FSC認証、希少種の保全、民有林と国有林の連携等、森林・林業や木材に関わる様々な発表が行われました。


    発表会の様子

    発表会の様子

      今年度は、従来からのスライド発表に加えてポスター発表の時間帯を新たに設けました。1日目の13時40分~14時40分の間、前半と後半に分けて発表が行われました。
      参加者には「応援したい!」と思ったポスターにシールを貼って投票してもらい、応援カードの投函もお願いしました。

    ポスター発表の様子
      応援カード
      最終日にスライド発表課題の表彰式を行いました。
      最優秀賞は、「新たな獣害防除資材『単木柵』の開発」(群馬県林業試験場  坂和辰彦さん)です。

    表彰式の様子
     
      他にも、優秀賞8点、林業振興賞1点、奨励賞2点が選ばれ、計12点の発表課題が受賞しました。
      受賞された皆様、おめでとうございました。

    集合写真
     
      また、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。来年度もよろしくお願いします!
      

    開催結果

    • 開催日時:令和2年2月13日(木曜日)9時30分~17時15分
                    令和2年2月14日(金曜日)8時30分~14時40分
    • 開催場所:関東森林管理局 2階大会議室
    • 発表課題:スライド発表 24課題
                    ポスター発表 22課題
    • 特別講演:「住友林業の森林・林業による地域活性化支援について」
                   住友林業株式会社 山林部  林業企画グループ  佐々木嵩史  氏
    • 参加者:2日間の延べ人数   485名
    • 審査員:審査員長   谷本  丈夫(宇都宮大学 名誉教授)
                    審査員   落合  博貴((一社)日本森林技術協会 技術指導役 )
                                柴田  銃江((国研)森林研究・整備機構 森林総合研究所
                                             森林植生研究室 群落動態研究室長)
                                高橋  伸幸(群馬県森林組合連合会 指導部長)
                                寺川  仁(関東森林管理局 次長)
    • 発表会概要:別紙1のとおり(下の画像をクリックするとPDFが開きます)
      発表会概要

    • 発表会要旨:別紙2のとおり(下の画像をクリックするとPDFが開きます)
      発表会要旨

    • 受賞結果:別紙3のとおり(下の画像をクリックするとPDFが開きます)
      受賞結果

    平成30年度

    平成30年度受賞者記念撮影

    平成29年度

    H29年度受賞者記念撮影

    平成28年度

    平成28年度受賞者記念撮影

    平成27年度

    H27受賞者

    お問合せ先

    森林整備部 技術普及課

    ダイヤルイン:027-210-1176
    FAX番号:027-210-1177