このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    日本の美しの森~お薦め国有林~


    林野庁では、優れた自然景観を有し、森林浴や自然観察等に適した国有林を「レクリエーションの森」として設定し、国民に保健休養の場を提供してきています。この中で、特に魅力的で観光資源としての活用が期待される箇所が、「日本美しの森」として全国で93箇所選定されました。中部森林管理局管内では10箇所が選定されています。山岳の高山帯から湿原や原生林まで、四季折々の特色ある日本の森を訪れてみてはいかがですか。

     

    所在地:長野県木曽郡上松町 所在地:長野県長野市戸隠/長野市大峰山


    特徴:樹齢300年を超える木曽ヒノキの森を満喫できる散策コースを8つも備える「森林浴」発祥の地。大正から昭和に活躍した森林鉄道に乗車することができ、清流からの爽やかな風が心地いい。


    特徴:戸隠神社奥社参道に隣接する戸隠森林植物園は、一年を通じ様々な野鳥の鳴き声で彩られる。冬は2mを超える積雪の中でのスノーシュー散策が人気。春先、戸隠ならではの特大サイズの水芭蕉は圧巻。



    所在地:長野県駒ヶ根市/上伊那郡宮田村 所在地:長野県北安曇郡小谷村/白馬村


    特徴:駒ヶ岳ロープウェイで標高日本一の千畳敷駅へ。目の前に広がる千畳敷カールは、可憐な高山植物と真っ青な空、険しい岩肌の饗宴。余所で味わえない絶景スポット。


    特徴:ゴンドラとロープウェイを乗り継いで、日本有数の高層湿原が広がる栂池自然園へ。約5.5キロの遊歩道で初夏の花々、秋の紅葉をトレッキングで楽しむ。


    所在地:岐阜県岐阜市 所在地:岐阜県下呂市/高山市


    特徴
    「天然の要塞」とも表される切り立った崖が市街地から目を引く。ロープウェイで山頂の展望台や岐阜城に気軽に上れるため、休日は多くの観光客で賑わう。


    特徴
    冬はスキー、初夏から秋には散策や滝巡りで人気のスポット。高地トレーニング施設を擁し、御嶽山7合目に位置する濁河温泉は、茶褐色の温泉が湧く高所温泉地として知られる。

    所在地:長野県上田市/東御市/小諸市 所在地:岐阜県大野郡白川村


    特徴
    グリーンシーズンは登山から湿原の散策まで満喫できる。初夏のレンゲツツジ群落が山を彩る様は圧巻。冬はスキーやクロスカントリーも人気のスポット。


    特徴
    世界遺産の白川郷から車で約1時間。白山山麓に広がるエメラルドグリーンの湖が美しい秘境。静寂に包まれたブナの原生林や、しなやかに流れ落ちる白水の滝もあわせて散策できる。

    所在地:長野県木曽郡王滝村 所在地:愛知県岡崎市


    特徴
    立ち枯れた木々が顔を出す御嶽自然湖は、釣りやカヌーツアーが人気。大自然が織りなす景観の美しさは写真スポットとしても有名。


    特徴
    夏場は、キャンプにバーベキュー、川遊びの家族連れで賑わう。渓谷沿いには不動の滝、さるとび岩など「くらがり八景」と呼ばれる景勝地が散策できる。

     

    日本の美しの森 お薦め国有林 全国版はこちら(林野庁HPへリンク)

    Japan’s Forests with Breathtaking Views Click here

    国有林へ入林される皆様へお願い

    国有林は、みんなの森林です。ルールやマナーを守って、気持ちよく利用しましょう。

    •  断り無く、穴を掘るなど土地を改変したり、動植物の捕獲や採取はしないでください。

    (注)国有林野の土地や樹木等は、国が管理している国有財産であり、また、国有林の多くでは、各種法令により行為制限が設けられていますので、無断でこれらの行為を行った場合は、法令に基づき罰せられることがあります。

    • 動植物の保護にご協力ください。
    • 歩道や広場等の区域外や立入制限の表示がある区域には、緊急避難のために必要な場合等を除き、立ち入らないでください。
    • 国有林内では、歩道や広場等入林いただける場所であっても、入林には常に倒木や枝の落下、落石等の危険が伴いますので、入林中は極力周囲の状況の把握に努めるなど危険を回避できるようにしてください。また、風雨が強い場合などの悪天候時の入林はお控えください。
    • ゴミの持ち帰りにご協力ください。持ち込まれたゴミは、必ず持ち帰ってください。
    • タバコなどの火の始末に十分注意してください。野営場の決められた場所以外でのたき火はしないでください。
      山火事(林野火災)の予防にご協力ください(PDF : 728KB)
    • 登山は自己責任が原則です。天候や、登山情報を確認し十分な装備で入山して下さい。また、ご家族へ行き先を告げるとともに、必要に応じ、登山目的地を管轄する都道府県警察等へ登山計画書の提出をしてください。(県によっては条例により登山計画書の提出を義務づけている場合があります。なお、森林管理署等では、「登山計画書」(登山届)は受け付けておりません。)

    登山計画書(登山届)(外部リンク)
    • 長野県(長野県ホームページ)
    • 岐阜県(岐阜県警察ホームページ)
    • 富山県(富山県警察ホームページ)
    • 愛知県(愛知県警察ホームページ)

    森林内等におけるダニ刺咬予防について【林野庁HPへリンク】


    お問合せ先

    計画保全部保全課

    電話:050-3160-6521
    FAX:026-227-1312