このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    緑の回廊八ヶ岳

    写真:八ヶ岳

    長野県の中部、蓼科山(2530m)から山梨県境に位置する赤岳(2899m)、編笠山(2524m)に連なる稜線(通称八ヶ岳)に位置し、気候的には、気温の年較差の大きい内陸性気候を呈しています。
    植生の大部分は、シラベ、コメツガなどの亜高山常緑針葉樹が占めるとともに、ホンドオコジヨ、ヤマネ等の動物や、ヤツガタケキンポウゲなどの「ヤツガタケ」の名前が付けられている植物からなる、貴重な森林生態系が維持されている地域です。また、国有林野の分布状況などから緑の回廊八ヶ岳については、隣接する山梨県有林及び長野県内の民有林との間で、協力して森林生態系の保護・保全や森林施業に努めていくことにより、野生動植物の移動経路の確保など、民・国一体となった取組が進められている地域です。

    連結する保護林


    名称


    面積(ha)

    八ヶ岳縞枯山植物群落保護林 47
    白駒コメツガ植物群落保護林 183
    八ヶ岳高山植物群落保護林 516
    西岳カラマツ植物群落保護林 4
    西岳ヤツガタケトウヒ等林木遺伝資源保存林 6

    面積

    5832ha

    延長

    約21km

    生息する主な野生動植物

    ほ乳類

    ホンドオコジョ、ヤマネ、ホンシュウモモンガ、ホンドテン、カモシカ、ホンシュウジカ、ヤチネズミ、トガリネズミ、ヒメヒミズ

    鳥類

    カヤクグリ、イワヒバリ、ホシガラス、メボソムシクイ、ヒガラ、ルリビタキコガラ、ゴジュウカラ、ミソサザイ

    蝶類

    ベニヒカゲ、クモマベニヒカゲ、クモマツマキチョウ、ミヤマシロチョウ、タカネヒカゲ

    植物

    ウルップソウ、キバナシャクナゲ、タカネツメクサ、シナノキンバイ、ヤツガタケキンポウゲ、ミヤマオダマキ、オサバグサ、チョウノスケソウ、ヤツガタケキスミレ、コマクサ

    区域図