このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    人材育成への取り組み

    林野庁では、森林・林業の再生に向けた取り組みを実現していくため、森林・林業に関する専門的な知見を有する技術者を計画的に育成することとしています。その一環として平成23年度から全国7ブロックで国有林のフィールドや技術力を活用し研修を始めました。四国森林管理局では、森林技術・支援センターを研修拠点として位置づけ、管内国有林のフィールドを活用しながら研修を実施しています。

     

    森林総合監理士(フォレスター)育成研修事業  技術者育成研修 准フォレスター研修

    「フォレスター」は、市町村森林整備計画の策定支援を通じて、地域の森林づくりの全体像を描くとともに、市町村が行う行政事務の実行支援を通じて、森林所有者等に対する指導等を行う人材です。
    森林計画制度の見直しに伴い、実際に現場で森林経営の指導・実行を担う市町村を技術面から支援するため、森林計画の作成や路網作設等の事業実行に直接携わるなどの実務経験を有し、長期的視点に立った森林づくりを計画・指導できる技術者を「フォレスター」として育成することとされ、平成25年度から「森林総合監理士(フォレスター)」資格認定試験が実施されています。
    この技術者育成研修では、将来の森林総合監理士候補であるみなさんに森林総合監理士の役割を理解していただくとともに、活動に必要な知識や技術とは何かを認識していただくこと、また、各人がそれぞれ持っているやり方で思考する力を呼び覚まし、それによって研修生が意欲をかき立てられて進んでいく方向を指し示すことを主たる目的としています。
    研修内容については、講師から知識や情報を一方的に伝達するといった研修ではなく、研修生が、研修生同士、あるいは講師との議論を通し、自分なりにそれぞれの地域におけるフォレスター活動の姿を考え、イメージをつかむことができるよう、ワークショップや現地での議論など対話型の内容を主体とし、将来、森林総合監理士として、森林・林業の再生、林業の成長産業化に向けて市町村の森林・林業行政を技術面で支援していくために必要な知識や技術を得る研修内容となっています。
    なお、平成25年度までは、将来の「森林総合監理士(フォレスター)」候補となる者を対象とする「准フォレスター研修」を実施しました。

     

    平成28年度森林総合監理士育成研修事業

    • 実践研修(現地研修)四国ブロック

    研修の様子

    カリキュラム(PDF : 53KB)

    • 技術者育成研修四国ブロック研修

    研修の様子

    カリキュラム(PDF : 54KB)

    平成27年度森林総合監理士育成研修事業

    • 実践研修(現地検討)四国ブロック

    研修の様子

    カリキュラム(PDF:95KB)

    • 技術者育成研修 四国ブロック研修

    研修の様子

    カリキュラム(PDF:112KB) 

    平成26年度森林総合監理士育成研修事業

    • 実践研修 四国ブロック研修

    研修の様子

    カリキュラム(PDF:417KB) 

    • 技術者育成研修 四国ブロック研修

    研修の様子

    カリキュラム(PDF:106KB) 

    平成25年度准フォレスター研修

    平成24年度准フォレスター研修

    平成23年度准フォレスター研修

     林業専用道技術者育成研修 (平成25年度で終了)現場2

        木材輸送や森林施業の効率化を図るためには路網整備が欠かせません。森林・林業の再生に向けた今後の路網区分のひとつである林道専用道は、幹線となる林道を補完し、森林作業道と組み合わせて、間伐作業をはじめとする森林施業の用に供する道であり、普通自動車(10㌧積程度のトラック)や大型ホイールタイプフォワーダの輸送能力に応じた規格・構造を有するものをいいます。
        林業専用道技術者はその作設に当たって、地形・地質の面から十分な検討を行い、規格・構造は簡素化を基本にできるだけ地形に沿って作設するための設計・技術を行う人材です。

    平成25年度研修

    平成24年度研修

     

    平成23年度研修