このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    入林許可申請

    国有林野内に次の1~3の目的で入林される場合は、管轄する森林管理署か森林管理事務所へ事前の申請が必要になります。(森林管理署、森林管理事務所の連絡先はこちらをご覧ください。)

    ただし、複数の森林管理署の管轄をまたいで入林する場合(県境を越えるときなど)は四国森林管理局保全課まで提出をお願いします。(入林区域については適宜図面を添付してください。)

     ご提出いただきました申請書につきましては、審査の結果、関係する資料を追加で提出いただく場合もございますので、日程に余裕を持ってご提出いただきますよう、お願いします。

     なお、登山や森林浴などの場合は、基本的に入林手続きは必要ありませんが、安全に十分注意された上で自己の責任においてご利用いただきますよう、お願いします。

     

    1 狩猟、有害鳥獣駆除が目的の場合は、事前の届出が必要です。【届出が変更になりました】NEW

    (1) 狩猟期間に行う狩猟及び有害鳥獣駆除等については、こちらをご覧ください。

    特に猟銃による狩猟・有害鳥獣駆除の実施に当たっては、登山等のレクリエーション利用者や地域住民への広報を行っていただくなど、事故の無いよう十分配慮して実施していただくこととなります。

     

    2 国又は地方公共団体の職員等が国有林野に入林する場合は、事前の届出が必要です。

    (1)国又は地方公共団体の職員等が行う事業等については「入林届」(PDF:76KB)が必要になります。(狩猟、有害鳥獣駆除の場合は1を参照)

     

    3 踏査、測量、調査、イベント開催、取材等が目的の場合は、事前の入林手続きが必要です。

    (1) 「国有林野入林許可申請書」(PDF:79KB)に所要事項を記入の上、入林を希望される管轄の森林管理署、森林管理事務所にご提出を お願いします。ご提出 いただいた申請書につきまして審査を行い、入林許可を交付します。(入林区域については適宜図面を添付してください。)

    (2) 関連資料等の追加をお願いしたり、詳しいお話を伺うために、森林管理署、森林管理事務所にお越し頂く場合がありますので、余裕を持った日程で提出してください。

    (3) 国有林野内で森林整備事業や災害復旧事業などの各事業を行っているなどにより、入林を許可できない場合があります。

     

    4 登山や森林浴など森林レクリエーションが目的の場合は、特に手続きは必要ありません。

    (1) 登山や森林浴の利用の場合は、自然環境の保護と安全な利用のために、歩道等を外れないよう心がけてください。

    (2) 積雪、台風、豪雨等による悪天候時の入林は、雪崩、滑落、落石、倒木、落枝、土石流などの危険が増大しますので、原則として入林しないよう、お願いします。

    また、好天時であっても、安全の確保された施設と異なり、自然の中は危険な箇所が数多くありますので、十分ご注意願います。

    (3) 林道は幅がせまい未舗装の所がほとんどで、また落石の危険性もありますので、通行の際はスピードを控えめに、安全に通行されますよう、お願いします。

    【注意!】「登山計画書(登山届け)」については、森林管理署ではなく、地元警察署への提出をお願いします。  

    5 国有林野内において無人航空機を飛行する場合の手続NEW

    国有林野内において無人航空機を飛行させる場合は、無人航空機の飛行の目的、日時、経路、高度等について、事前に飛行区域を管轄する森林管理署等に 「入林届」(PDF:65KB)を提出の上、必要な手続きを行ってください。
     また、飛行に際しては、以下の点にご留意願います。

    (1)無人航空機の飛行にあたっては、航空法等関係法令を遵守し、これに基づく必要な手続きをとること。

    (2)事故防止に万全を期すこと。特に、国有林野職員から指示があった場合、これに従うこと。

    (3)第三者のいない上空で飛行させること。また、第三者の立入等が生じた場合には速やかに飛行を中止すること。

    (4)国有林野の貸付地上空について、貸付地の管理者が無人航空機の飛行ルールを定めている場合、当該ルールを遵守して飛行する。

    (5)不必要な低空飛行、高調音を発する飛行、急降下など、人や物件等に迷惑を及ぼすような飛行を行わないこと。特に、一般の入林者や他の国有林野事業の受託者等への危害又は迷惑となる行為を行わないこと。

    (6)希少な野生生物が生育・生息している地域では、営巣期間中は避けるなど、生育・生息に悪影響を及ばさないように飛行させること。特に、営巣が見られた場合は、当該箇所及びその周辺で飛行させないこと。

    (7)無人航空機による事故や無人航空機を紛失した場合は、速やかに森林管理署(又は、森林管理支署・森林管理事務所)に連絡すること。

    (8)無人航空機の回収は入林者の責任で行うこと。

     

    お問合せ先

    計画保全部保全課

    ダイヤルイン:088-821-2051
    FAX番号:088-821-4413