このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

竹のはなし

竹は、日本各地に広く分布し、昔から身近な資材として生活に利用されてきました。しかし、近年、人々の生活が洋風化したこと、プラスチック等代替材が登場したこと、安価な輸入品が増加したことなどにより、竹材、たけのこの国内生産量は減少傾向にあります。そのため、国内には管理不足の竹林が多く見られるようになりました。
竹はバイオマス資源であり、その利活用の推進は、低炭素社会の実現に貢献するばかりでなく、竹林の適正な管理にもつながります。

竹のはなし:竹林の風景

主な竹の種類

竹の性質

伝統的な用途

新たな用途

たけのこ

お問合せ先

林政部経営課特用林産対策室

代表:03-3502-8111(内線6086)
ダイヤルイン:03-3502-8059
FAX番号:03-3502-8085

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader