このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

世界自然遺産に登録された森林

  世界遺産には、「自然遺産」「文化遺産」及び自然と文化の両方の要素を持つ「複合遺産」があり、顕著で普遍的な価値を有する遺跡や自然地域などを人類全体のための世界の遺産として保護、保存し、国際的な協力及び援助の体制を確立することを目的としています。

林野庁関連リンク:世界遺産の森林

  日本では、平成5年12月に「白神山地」と「屋久島」、平成17年7月に「知床」、平成23年6月に「小笠原諸島」がそれぞれ世界自然遺産として登録されました。これら世界自然遺産の陸域の95%を国有林野が占めており、そのほとんどを世界自然遺産が保護管理されていることを担保する「森林生態系保護地域」(保護林の一種:詳細はこちら)に設定しています。

  国有林野事業では、これらの世界自然遺産登録地域を、関係する機関とともに管理計画等に基づき適切に保護・管理しており、外来植物の駆除や植生の回復事業、希少種保護のための巡視等を行っています。

世界自然遺産における多様な生態系の紹介

知床    陸域面積に対する国有林比率:94%    森林管理局:北海道森林管理局

  知床は、北半球における流氷の南限であり、流氷がもたらす大量のプランクトンを食物連鎖の基礎に、シマフクロウやオオワシなどの国際的希少種、ヒグマなどの大型ほ乳類、鯨類などの海棲ほ乳類や海鳥類など多種多様な動植物が生息しています。また、火山活動によって形成された知床連山など、様々な景観が凝縮され、優れた自然美を有しています。 

 冬の知床

白神山地    陸域面積に対する国有林比率:100%    森林管理局:東北森林管理局

  白神山地は、過去に伐採などの人の影響をほとんど受けない原生的なブナの天然林が大面積にわたって残っています。また、多様な森林環境を必要とするクマゲラなどの希少な鳥類やニホンカモシカやツキノワグマなどの大型哺乳類が生息し、動植物相の多様性が維持されている世界的に貴重な森林です。

白神山地 ブナ林の紅葉


小笠原諸島    陸域面積に対する国有林比率:81%    森林管理局:関東森林管理局

  小笠原諸島は、大陸形成のもととなる海洋プレート同士がぶつかり合ってできた海洋性島弧の形成過程が見られる、世界で唯一の場所です。また、小笠原諸島の動植物は、独自の進化の過程でアカガシラカラスバトカタマイマイなどの固有種を生み出し、それらの多くが絶滅を免れ現存しています。

 小笠原諸島
 

屋久島    陸域面積に対する国有林比率:95%    森林管理局:九州森林管理局

  屋久島は、樹齢数千年を超えるヤクスギなどの原生的な天然林が広がる優れた自然景観を有し、ヤクシマシャクナゲヤクシマオニクワガタなどの固有種が見られます。海岸線から山岳地帯までの標高差が約2,000mと高低差がある屋久島では、日本列島の北から南までの多様な植生が見られるなど、特異な生態系を有しています。

 屋久島 ウィルソン株

 

 世界自然遺産の野生生物

オオワシ クマゲラ アカガシラカラスバト
オオワシ
クマゲラ アカガシラカラスバト
ヒメカタマイマイ ヤクシマシャクナゲ
ヤクシマオニクワガタ
提供:(公)屋久島環境文化財団
ヒメカタマイマイ ヤクシマシャクナゲ ヤクシマオニクワガタ

 

お問合せ先

国有林野部経営企画課国有林野生態系保全室

担当:生物多様性保全班
代表:03-3502-8111(内線6283)
ダイヤルイン:03-6744-2322
FAX番号:03-3592-6259