このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    近畿中国森林管理局における早生樹造林の取組

    早生樹とは

    書いて字のごとく、「早く」「成長する」「樹種」の総称です。
    一般的には、スギやヒノキに比べて初期の樹高成長量や伐期までの材積成長量大きな樹種を指します。
    10年から25年位の比較的短伐期での収穫が可能で、センダン・ユリノキ・チャンチンモドキ・コウヨウザン等の種類があります。

    早生樹への着目

    1_今後拡⼤が⾒込まれる主伐・再造林に対応するため、スギ・ヒノキ等の従来の造林樹種以外にも選択肢を広げること
    2_輸入広葉樹資源の枯渇やクリーンウッド法の施行により、川下において、国産広葉樹へのニーズが高まっていること
    3_成長が早く、材質も良好(スギ・ヒノキや輸入広葉樹材等と遜色ない)であること

    以上3点に着目し、早⽣樹(センダン・コウヨウザン)の植栽試験を実施しています。
    また、この植栽試験の結果を広く公表するなど、産学官で連携して早生樹の普及に努めています。



    センダン【栴檀】(学名:Melia azedarach L. (Meliaceae) 英語名:Chinaberry)


    一般的なセンダン ● センダン科センダン属の落葉広葉樹
    ● 本州(伊豆半島以西)、四国、中国、九州、沖縄に分布
    ● 大きいものだと樹高25~30㍍、直径60~100cm
    ● 日向があれば土質を問わず良く育つことが多い
    ● 古くから日本に移入、在来種として位置づけ
    ● 造林は比較的容易だが、産業用木材としての造林は未開拓
    センダンは芽かきにより通直な材の生産が可能!


    コウヨウザン【広葉杉】(学名:Cunninghamia lanceolata (Cupressaceae) 英語名:China fir)



    庄原市私有林のコウヨウザン ● ヒノキ科コウヨウザン属の常緑針葉樹
    ● 江戸時代後期に日本へ渡来(青森から九州南部に現存)
    ● 中国では用材用として1000年にわたる造林の歴史
    ● 陰樹であり、乾燥に強いが水はけの悪い土壌は向かない
    ● 萌芽による更新が可能
    ● 大きいもので樹高30m以上、胸高直径1m以上に達する


    クリックすると各詳細ページに移動します

    センダン植栽試験の詳細         コウヨウザン植栽試験の詳細


    【活動状況】
    産官共催ワークショップ~SDGsに貢献する⽊材産業~を開催しました
    産学官共催セミナー「国産早生樹センダンの使い道」 を開催しました  






    産官共催ワークショップ~SDGsに貢献する⽊材産業~を開催しました

    令和元年7月19日(金曜日)、木材産業の観点から持続可能な社会を考えるワークショップとして、(公社)日本木材加工技術協会関西支部早生植林材研究会、(一社)平林会及び近畿中国森林管理局の共催で「産官共催ワークショップ~ SDGs に貢献する木材産業~」を開催しました。

    木材産業界、行政、教育・研究機関などから、約80名に参加いただき、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)のサブテーマに「持続可能な社会・経済システム」が挙げられていることもあり、関西圏においてもSDGs に対する関心が高まっていることが窺えました。

    SDGs と森林・林業・木材産業とは多くの面で関連性があること、センダン(早生樹)がSDGs の達成において有効な樹種であることなどについて、政府や自治体での取組を交え説明した後、東京大学井上雅文教授からSDGs 時代の木材マーケティング戦略について、京都大学村田功二講師からセンダン植林の歴史とこれからの展望について話題提供をいただきました。

    参加者からは、森林・林業・木材産業がSDGs をいかにして活用していくのか、早生樹の将来性、森林や山村の現状など、川下から川上までの様々な立場からの提案や質問が出され、活発な討論となりました。

    SDGS
                多くの方に参加していただきました


    1.開催日時:令和元年7月19日(金曜日)13時30分~ 16時45分(17時00分~ 情報交換会)
    2.会場:大阪港木材倉庫株式会社2階会議室  大阪市住之江区平林南1丁目1-52  OsakaMetro南港ポートタウン線(ニュートラム)平林駅(ア)番出口から北へ徒歩8分
    3.定員70名(要事前申込み、先着順)
    4.参加費:無料(情報交換会※を除く)※情報交換会に参加希望の方は、参加費(4千円)を当日受付でお支払い下さい。
    5.主催(公社)日本木材加工技術協会関西支部早生植林材研究会、林野庁近畿中国森林管理局、(一社)平林会
    ★詳細はこちらをクリック

    産学官共催セミナー「国産早生樹センダンの使い道」 を開催しました

    平成30月9月14日(金曜日)、大阪市内において、産学官の共催による早生樹セミナーを開催しました。
    この早生樹セミナーは、平成27年度に1回目を開催しており、3回目となる今回は、「国産早生樹センダンの使い道」と題し、利用拡大の観点で、早生植林材研究会が一昨年に実施した国産のセンダンについて様々な活用方法を検討するプロジェクトの成果の発表を中心に開催しました。
    センダンの製材を損傷なく乾燥させる技術、パーティクルボードやMDF、合板などの木質材料として活用、楽器の材料としての活用、さらには宇宙での利用まで、非常に幅広く、夢のある内容となりました。

    自治体、公立研究機関、ハウスメーカー、建材メーカーなど、90名以上の方々にご参加いただき、国産センダンへの期待の高さが伺えました。
    1. 開催日時 平成30年9月14日(金曜日)13時30分~16時45分
    2. 会      場   大阪港木材倉庫株式会社 2階 会議室 (大阪市住之江区平林南1丁目1-52)
    3. 主      催   林野庁近畿中国森林管理局、(公社)日本木材加工技術協会関西支部早生植林材研究会、京都府立大学生命環境学部森林科学科、京都大学大学院農学研究科森林科学専攻、(一社)平林
    4. 内      容 発表要旨集をご覧ください
    発表要旨集(その1)表紙・プログラム(PDF : 180KB)
    発表要旨集(その2)P.1~P.18(PDF : 5,963KB)
    発表要旨集(その3)P.19~P.26(PDF : 7,371KB)
    発表要旨集(その4)P.27~P.38(PDF : 5,888KB)
    発表要旨集(その5)P.39~P.47(PDF : 2,103KB)


    お問合せ先

    森林整備部技術普及課

    担当者:企画官(技術開発・普及)
    代表:06-6881-3500(内線3457)
    ダイヤルイン:050-3160-6729
    FAX番号:06-6881-3553

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader