このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    近畿中国森林管理局における早生樹造林の取組

    早生樹とは

    書いて字のごとく、「早く」「成長する」「樹種」の総称です。
    一般的には、スギやヒノキに比べて初期の樹高成長量や伐期までの材積成長量大きな樹種を指します。
    10年から25年位の比較的短伐期での収穫が可能で、センダン・ユリノキ・チャンチンモドキ・コウヨウザン等の種類があります。

    早生樹への着目

    1_今後拡⼤が⾒込まれる主伐・再造林に対応するため、スギ・ヒノキ等の従来の造林樹種以外にも選択肢を広げること
    2_輸入広葉樹資源の枯渇やクリーンウッド法の施行により、川下において、国産広葉樹へのニーズが高まっていること
    3_成長が早く、材質も良好(スギ・ヒノキや輸入広葉樹材等と遜色ない)であること

    以上3点に着目し、早⽣樹(センダン・コウヨウザン)の植栽試験を実施しています。
    また、この植栽試験の結果を広く公表するなど、産学官で連携して早生樹の普及に努めています。



    センダン【栴檀】(学名:Melia azedarach L. (Meliaceae) 英語名:Chinaberry)


    一般的なセンダン ● センダン科センダン属の落葉広葉樹
    ● 本州(伊豆半島以西)、四国、中国、九州、沖縄に分布
    ● 大きいものだと樹高25~30㍍、直径60~100cm
    ● 日向があれば土質を問わず良く育つことが多い
    ● 古くから日本に移入、在来種として位置づけ
    ● 造林は比較的容易だが、産業用木材としての造林は未開拓
    センダンは芽かきにより通直な材の生産が可能!


    コウヨウザン【広葉杉】(学名:Cunninghamia lanceolata (Cupressaceae) 英語名:China fir)



    庄原市私有林のコウヨウザン ● ヒノキ科コウヨウザン属の常緑針葉樹
    ● 江戸時代後期に日本へ渡来(青森から九州南部に現存)
    ● 中国では用材用として1000年にわたる造林の歴史
    ● 陰樹であり、乾燥に強いが水はけの悪い土壌は向かない
    ● 萌芽による更新が可能
    ● 大きいもので樹高30m以上、胸高直径1m以上に達する


    クリックすると各詳細ページに移動します

    センダン植栽試験Aの詳細         コウヨウザン植栽試験Dの詳細

    【活動状況】
    早生植林材研究会シンポジウム~生物多様性と里山の管理・活用~を開催しました。
        産官共催ワークショップ~SDGsに貢献する木材産業~を開催しました。
       ・産学官共催セミナー「国産早生樹センダンの使い道」 を開催しました  




    早生植林材研究会シンポジウム ~生物多様性と里山の管理・活用~ を開催しました

    令和3年9月7日(火曜日)産学官の共催による早生植林材研究会シンポジウムを開催しました。

    新型コロナウイルスの影響を受け、今年は世界的な住宅需要の増加や輸送コンテナ不足などに端を発した木材価格の高騰、通称“ウッドショック”が問題となり、国産材の活用や安定供給に注目が集まりました。
    また、新たな森林・林業基本計画では、森林・林業・木材産業による社会経済生活の向上とカーボンニュートラルに寄与する「グリーン成長」を実現していくため、森林の適正な管理と、森林資源の持続的な利用を一層推進するとしています。針葉樹人工林材の安定供給はもちろんのこと、家具や内装材に利用される広葉樹材にも安定供給は期待され、里山林等の保全管理を推進しつつ、里山広葉樹資源を有効に活用することも必要となっています。

    今回のシンポジウムは、「生物多様性と里山の管理・活用」と題し、生物多様性と里山の管理や活用の可能性について考えるため4名の講師を招き、森林の炭素循環から里山広葉材を資源として考える場合の問題点、活用の試みなどが紹介されました。当日は、新型コロナウイルス感染症拡大防止を踏まえ、Zoom webinarによるオンライン開催となりましたが、230名を超える参加申し込みがあり、関心の高さが伺えました。

    1. 開催日時:令和3年9月7日(火曜日)13時00分~17時00分
    2. 会     場:Zoom webinarによるオンライン開催
    3. 主     催:(公社)日本木材加工技術協会関西支部早生植林材研究会、林野庁近畿中国森林管理局、(一社)平林会
    4. 内     容:シンポジウムの動画はYouTubeで視聴いただけます。(※発表資料は以下の通りです)

       発表資料(その1)「森林の生態系サービスと物質循環」(兵庫県立大学 大橋瑞江)(PDF : 3,411KB)
       発表資料(その2)「里山広葉樹の木材資源化で循環型社会を実現する」(神戸大学 黒田慶子)(PDF : 8,735KB)
       発表資料(その3)「北海道におけるカンバ林施業の可能性」(北海道大学 吉田俊也)(PDF : 5,508KB)
       発表資料(その4)「北海道産カンバ材の高付加価値利用ー家具,楽器などー」(北海道立総合研究機構林産試験場 秋津裕志)(PDF : 6,703KB)
       発表資料(その5)「里山広葉樹林活用・再生プロジェクト」(近畿中国森林管理局 上野康史)(PDF : 11,467KB)
       発表資料(その6)「中国地方里山アベマキの活用」(京都大学 村田功二・兵庫県森林林業技術センター 山田範彦)(PDF : 2,128KB)


    過去のイベントはこちら

    令和2年度 産学官共催セミナー ~国産材・早生植林材活用情報のアップデート~

    令和元年度 産官共催ワークショップ ~SDGsに貢献する⽊材産業~

    平成30年度 産学官共催セミナー ~国産早生樹センダンの使い道

    お問合せ先

    森林整備部技術普及課

    担当者:企画官(技術開発・普及)
    代表:06-6881-3500(内線3457)
    ダイヤルイン:050-3160-6729
    FAX番号:06-6881-3553

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader