このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    木の文化を支える森

    「木の文化を支える森」は、木の文化の継承を目的とした修理及び修復に大径長尺材等の樹材種を必要とする歴史的な木造建造物、特定の樹材種に依存している工芸品及び祭礼行事等の資材を確保するための森林整備、保全活動を行うことと目的とした森林を育成するための制度です。作家の立松和平氏の提唱を受け、平成14年度に創設しました。

    [参考リンク]
    林野庁サイト内「木の文化を支える森」

    校木作りについての説明の様子  【春日奥山古事の森】 校木作り体験の様子  【春日奥山古事の森】

    協定締結状況

    令和4年2月28日現在

    お問合せ先

    森林整備部技術普及課
    担当者:企画係
    ダイヤルイン:050-3160-6751