このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー


    機能類型に応じた施業の推進

    機能類型に応じた施業の推進について

      国有林の管理経営に当たっては、公益重視の管理経営を一層推進することとし、それぞれの国有林を重視すべき機能に応じて、「山地災害防止タイプ」、「自然維持タイプ」、「森林空間利用タイプ」、「快適環境形成タイプ」、「水源涵養タイプ」の5つに区分し、それぞれの機能を最大限発揮させるための施業を推進していきます。 

    山地災害防止タイプ

      災害に強い国土基盤を形成する観点から、山地災害防止及び土壌保全機能の発揮を第一とする森林です。
      土砂の流出や山崩れから、人命・施設を守るなど、安全で安心な国民生活の維持を重視して森林を守り育てます。 



















    上佐野国有林

    自然維持タイプ

      生態系として森林の重要性を踏まえた観点から、原生的な森林生態系や
      希少な生物の生育・生息する森林など、生物多様性保全機能の発揮を第一とする森林です。
      原生的な天然林からなる自然景観の維持、動植物の保護など、自然環境を保全することを 重視して森林を守り育てます。






     
    上積翠寺国有林

    森林空間利用タイプ

    目指す森林の姿
      国民に憩いと学びの場を提供し、または豊かな自然景観や歴史的風致を構成する観点から、保健・レクリエーション機能又は文化機能の発揮を第一とすべき森林です。

    森林施業の特徴
      利用形態、森林の現況等に応じた多様な森林を維持・造成するため、天然生林へ導くための施業を、人工林の持つ美的景観の確保に留意しつつ育成単層林、育成複層林へ導くための施業を行います。


    上積翠寺国有林

    快適環境形成タイプ 

      騒音、粉塵等から地域の快適な生活環境を保全する観点から、快適環境形成機能の発揮を第一とする森林です。

    水源涵養タイプ

      良質な水の安全供給を確保する観点から、水源涵養機能の発揮を第一とする森林です。
      国民生活に欠かせない良質で豊かな水の供給を重視して森林を守り育てます。
      なお、水源環境機能は全ての国有林において発揮が期待される機能であることから、上記のタイプ以外の国有林は水源涵養タイプに区分しています。 


    上積翠寺国有林

    お問合せ先

    関東森林管理局 山梨森林管理事務所
    ダイヤルイン:055-253-1336
    FAX:055-252-9935