このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    保全センターの紹介

    センター設置の経緯

    林野庁は、小笠原諸島において、それまで実施してきた希少野生動植物種の保護・増殖、外来種対策事業について、小笠原諸島の世界遺産登録に向け、その取り組みの一層の推進を図るために、平成22年4月1日に「小笠原諸島森林生態系保全センター」を設置しました。

     

    組織体制と主な業務内容

    小笠原諸島森林生態系保全センターは、関東森林管理局計画保全部に属し、所長と生態系管理指導官、専門官の体制で業務を行っています。

    業務内容
    1    希少野生動植物の保護管理 小笠原諸島固有の希少野生動植物の生息・生育状況等の調査及び生息・生育環境の整備
    2    外来種対策の実施    アカギ、モクマオウ、リュウキュウマツを始めとする、外来植物の駆除
    3    世界自然遺産関係への対応 世界遺産科学委員会、地域連絡会義等、世界自然遺産登録後の対応
    4    民間団体等との協働プロジェクト 地元の民間団体等と協定を締結し、森林生態系の保全管理
    5    森林環境教育等への技術指導 森林環境教育等の受け入れ、外来種駆除などの技術指導
    6    利用講習会の実施 森林生態系保護地域内の指定ルート等へ立ち入るための講習会の開催

    お問合せ先

    小笠原諸島森林生態系保全センター

    担当者:専門官
    ダイヤルイン:04998-2-3403
    FAX番号:04998-2-2650

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader