このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    赤谷の森管理経営計画書

    国有林の森づくりは、森林計画区ごとに5年を1期とする計画(地域管理経営計画)を定めて行うこととしています。

    赤谷の森は利根上流森林計画区(沼田市及び利根郡一円が対象)の一部であり、平成28年4月から新たな計画に基づく森づくりが始まりました。

    赤谷の森の森づくりについて定めた「赤谷の森管理経営計画書」は、赤谷プロジェクト協定3者(赤谷プロジェクト地域協議会、(公財)日本自然保護協会、関東森林管理局)が平成27年度に改訂した「赤谷の森・基本構想 2015 」(赤谷プロジェクトが取り組む森づくりの基本的な考え方をとりまとめたもの)を踏まえて、利根上流森林計画区の地域管理経営計画書の一部として策定されました。

    特徴

    •   平成26年度に改訂した「赤谷の森・基本構想 2015 」(概要版)を掲載し、赤谷プロジェクトが取り組む森づくりの基本的な考え方を紹介しています。
    •  計画期間である平成28年4月1日から平成33年3月31日までの間に予定される伐採等の計画事項について、その目的や内容について具体的に記述しています。 例えば猛禽類の生息環境の向上を図るために行う森林施業等について、その具体的な箇所・施業内容、その場所を選定した考え方を記載することにより、猛禽類の生息場所を管轄する他地域の森林施業等の参考になるようにしています。
    • 「赤谷の森・基本構想 2015 」において、赤谷プロジェクトで取り組むべき課題として取り上げられた「生物多様性保全と資源の循環的な利用の両立に向けた取組」を踏まえ、クマタカを指標とした森林管理の方向性についての検討やニホンジカの低密度管理に向けた取組等を進めることとしています。 

    ダウンロード

    以下から「第5次地域管理計画書(利根上流計画区)別冊赤谷の森管理計画書期間自平成28年4月1日至平成33年3月31日」をダウンロードできます。 

    赤谷の森管理経営計画書本体 (PDF:3,034KB)

    お問合せ先

    赤谷森林ふれあい推進センター
    ダイヤルイン:0278-60-1272
    FAX:0278-24-5562

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader