このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

令和2年度低密度植栽技術追跡調査に関する委託事業


主伐後の再造林を確実に実施することが必要となっており、再造林の低コスト化を図ることが求められていることから、植栽本数を減らした低密度植栽による低コスト化について、森林の有する多面的機能の発揮や森林経営などの多様な観点から実証、評価、分析を実施し、その結果を踏まえ、低密度植栽による施業の指針を作成しました(令和元年度(2019年度))
本事業では低密度調査実証植栽箇所のその後の生育状況等を追跡調査することにより、下刈り終了時期を明確化し、低密度植栽による施業の指針をより充実したものとすることを目的として委託調査を実施しました。(令和2年度低密度植栽技術追跡調査に関する委託事業)


お問合せ先

林野庁森林整備部整備課

担当者:担当者:造林間伐企画班
ダイヤルイン:03-3502-8065