このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

間伐・間伐材利用を推進するために必要な取組


(1)施業の集約化

我が国の森林の所有形態は、零細かつ分散的なものとなっています。このような状況の中、個々の所有者の森林において別々に間伐等の森林整備を行うことは効率的ではなく、作業コストが高くなってしまいます。
このため、個々の所有者の森林を面的にとりまとめ、一定のまとまりを持って施業を行うことにより、施業の効率化及び低コスト化を図る取組を進めています。この取組を「施業の集約化」といいます。

集約化前

集約後

関連リンク:提案型集約化施業の取組
関連リンク:森林整備地域活動支援交付金制度等集約化に向けた取組


(2)路網の整備と高性能林業機械の導入
間伐材の搬出を効率的に実施するためには、作業道をはじめとした路網整備と高性能林業機械の導入の組み合わせにより、適切な作業システムを構築することが重要です。

路網と高性能林業機械

関連リンク:路網整備の推進
関連リンク:林業を支える高性能林業機械

(3)間伐材利用の促進

間伐は、森林の育成のためだけの作業でなく、伐採木を搬出し、売却することにより収入を得ることができる作業です。このため、施業の集約化や路網の整備及び高性能林業機械の導入を行い、間伐材の搬出を進めるとともに、木材としての利用を進めることで、経済的にも持続可能な森林経営に資することができます。
近年では、建築材、合板・集成材材料、バイオマス燃料としての利用が拡大した他、間伐材を用いた様々な製品が開発されており、間伐材の利用は大きく進んでいると言えますが、まだまだ利活用の余地があること、また利用の状況は地域により大きな差があることから、引き続き間伐材を利用する施設の整備や製品の開発等が望まれます。
利用状況
関連リンク:間伐及び間伐材利用の普及啓発等

 

お問合せ先

森林整備部整備課造林間伐対策室

担当者:間伐推進班
代表:03-3502-8111(内線6178)
ダイヤルイン:03-3591-5893
FAX:03-3502-6329