このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林総合監理士(フォレスター)の育成・活動への取り組み

      北海道森林管理局では、森林・林業の再生、林業の成長産業化を実現していくために、国有林野の多様な立地を活かして、北海道における森林経営のニーズに最も適した研修フィールドや技術を提供することや、森林総合監理士育成研修(技術者育成研修・実践研修等)を実施し、人材の計画的な育成に取り組んでいます。また、これらによって養成した森林総合監理士(フォレスター)等が各地域において森林・林業の課題解決に向けた検討を中心となって進め、具体的な施策の実施に結びつくよう取り組んでいます。

    森林総合監理士(フォレスター)を中心とした民有林支援活動

    北海道森林管理局では「民有林と連携した地域の課題解決に向けた取り組み」を推進しています。

    各森林管理署・支署では民有林との連携強化や技術的支援をより具体化させるため、北海道の振興局、森林室との情報交換を通して地域林業の現状把握と課題の共有を行っています。そして、その中から優先的に取り組む課題を設定し、森林総合監理士資格を有する職員や森林技術指導官が中心となり、「国有林フォレスター」として地域に対する支援を行っています。

    ゾーニング研修会で講師を務める国有林フォレスター
    ゾーニング設定研修会で講師を務める国有林フォレスター

    国有林フォレスターが民有林と連携して取り組んでいる森林・林業に関する地域課題解決の取り組みを定期的に紹介しています。

    北海道と北海道森林管理局では、道と国の連携を円滑にするため情報共有や連絡調整を行う場として「フォレスター活動民国連携調整会議」を実施しています。
    フォレスター活動民国連携調整会議の写真

    「地域課題の解決」に向けて、各森林管理(支)署では、国有林フォレスターが中心となり、署毎にテーマを設定し、民有林と国有林が連携するなど、具体的な対策に取り組んでいます。

    お問合せ先

    森林整備部 技術普及課
    ダイヤルイン:050-3160-6285
    FAX:011-622-5235

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader