このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    雷別ドングリ倶楽部

    「雷別ドングリ倶楽部」とは

    釧路湿原の上流で、一緒に広葉樹の森をつくりませんか。
    釧路湿原森林ふれあい推進センターでは、釧路湿原の上流にある雷別地区国有林において、自然再生の取組を進めています。雷別地区国有林では、過去にトドマツ人工林が気象害により立ち枯れし、笹地となった箇所が広がっています。
    この地域を広葉樹の森林に再生するために、広葉樹のミズナラ・ハルニレ・ヤチダモ等の苗木を植栽し、野生動物の食害を防止する対策等の活動を多くの市民の参加を得ながら実施したいという願いから、「雷別ドングリ倶楽部」を立ち上げました。

    雷別ドングリ倶楽部のイメージ図(PDF:598KB) 

    令和4年度会員募集

    今年度の募集は締め切りました。

    令和4年度の活動予定

    今年度の活動は次の4回を予定しています。
    日程・内容等の変更がありますので、ホームページ等でご確認下さい。

    年  月  日 内          容 備          考
    第1回 令和4年6月14日(火曜日)  つつじヶ原(弟子屈町)で自然観察  終了しました。
    第2回 令和4年9月28日(水曜日)  雷別国有林で広葉樹の植樹と保護管の被覆  終了しました。
    第3回 令和4年10月12日(水曜日)  オンネトー(足寄町)で自然観察  終了しました。
    第4回 令和5年2月8日(水曜日)  次年度の計画策定等

    令和4年度の活動の様子

    令和4年10月12日(水曜日)第3回「自然観察」の活動 

    阿寒摩周国立公園の最西端にある「オンネトー」で、第3回「雷別ドングリ倶楽部」の秋の自然観察を実施しました。
    この会は、高齢級のトドマツ人工林が気象害によって立ち枯れし、笹地となった箇所が拡がっている雷別国有林をフィールドとして、平成19年から当センターと協働で森林再生に取り組まれている森林ボランティアの方々の集まりです。会で植樹と併せ根釧地域の森林の名所を巡る活動計画があり、コロナ禍もありましたが、行動制限も発出されていないことから予定通り行うことが出来ました。
    当日は、会員20名が参加し、秋晴れの空のもと、センター職員の若干の解説を交え散策しました。
    参加者からは、「今年の秋は比較的暖かい日が多かったので紅葉には早かったようだが、オンネトーの素晴らしい景観が見れてうれしいし楽しかった」「遊歩道でのキノコやアカエゾマツの巨木、巨岩に張り付く樹木などめずらしいものが見れた」などの声があり満足されていました。
    その後、オンネトー野営場駐車場内の休憩舎の周りのベンチなどでくつろぎながら昼食を各自とりました。
    次に、当センター所長から、「今年度の活動は、2月の来年度の計画を決める会を残すのみで、雷別地区自然再生事業地での植樹や自然観察など多くの会員の方にご参加いただきました。感謝申し上げます。来年度もより充実した内容で計画しますので是非ご参加のほどを。」との挨拶があり、皆さん深まりつつある秋を満喫され、最後に、道の駅「阿寒丹頂の里」経由で帰路につきました。


    オンネトーを眺望する様子 オンネトーの紅葉 遊歩道でキノコを観察する様子
     
    巨岩に張付く樹木を観察する様子


    令和4年9月28日(水曜日)第2回「広葉樹の森林づくり」の活動

    雷別地区自然再生事業地(標茶町雷別国有林)で、第2回「雷別ドングリ倶楽部」を開催しました。
    この会は、高齢級のトドマツ人工林が気象害によって立ち枯れし、笹地となった箇所が広がっている雷別国有林をフィールドとして、平成19年7月から当センターと協働で森林再生(自然再生)に取り組んでいるボランティアの方々の集まりです。
    今回の「広葉樹の森林づくり」活動には、会員16名が参加し、ミズナラ・ヤチダモ・ハルニレ・カツラ計100本の植樹と共に、植栽木を野生生物の食害から守るため、保護管(ツリーシェルター)の被覆を行いました。
    参加者は、当センターから作業内容等の説明を受け、曇り空でしたが作業はし易い天気のもと、鍬を手に植樹に取り掛かりました。準備した苗木は1時間程で植え終わりましたが、笹の根が密集していて、植穴を掘るのに苦労された方が多かったようです。
    その後、昼食の時間まで保護管の組立てを行い、午後からは、完成した保護管を植えた苗木に被覆していきました。皆さん手慣れた様子で作業を進められ、予定より早く保護管の設置が完了しました。
    森林づくり活動後には、当センター所長から、「植樹は、地球温暖化防止、SDGsの観点から大変意義のある活動であり、皆さんの貢献により植えられた樹木が順調に生長しております。誠にありがとうございます。」との挨拶があり、皆さん充実した表情で会場を後にし、帰路につきました。


    植樹の様子 保護管組立ての様子
     
    保護管設置の様子


    令和4年6月14日(火曜日)第1回「自然観察」の活動

    川湯園地にある川湯ビジターセンター、つつじヶ原自然探勝路及び硫黄山(弟子屈町川湯)で、第1回「雷別ドングリ倶楽部」を会員20名の参加で初夏の快晴の下、開催しました。
    この会は、高齢級のトドマツ人工林が気象害によって立ち枯れし、笹地となった箇所が広がっている雷別国有林をフィールドとして、平成19年7月から当センターと協働で森林再生(自然再生)に取り組んでいるボランティアの方々の集まりですが、植樹活動と共に地域の森林にに関する名所を巡り、見識を深めることも活動計画に盛り込まれていることから今回の自然散策が実施されました。
    参加者は、まず阿寒摩周国立公園のフィールドの成り立ちや自然環境などをわかりやすく解説している施設(環境省所管)「川湯ビジターセンター」を見学しました。
    ビジターセンター長から、阿寒湖・摩周湖等は、噴火の後のカルデラと呼ばれる噴石後の凹地に出来た湖であることや川湯園地の見所、観察できる動植物のお話しが15分ほどあり、その後展示物を見て、参加者は、「こんな素晴らしい施設があったんですね、見れてよかったです」「阿寒摩周国立公園のことがよくわかりました」などの声があり満足されていました。
    次に、今回のメーンである、つつじヶ原自然探勝路の散策です。今の時期、クリームがかった白色のイソツツジ群落がほぼ満開となり、参加者を迎えてくれました。噴火による、強酸性の土壌がこの群落を維持し、他の樹木や草本を寄せつけないようです。一面に拡がる光景を見て、参加者からは「とてもきれいでよかった」「余り見たことがなく感動した」「白いけなげな花がかわいい」などのコメントがありました。
    最後に、硫黄の匂いが一段と強くなり、白煙も昇る「硫黄山」を見学し、硫黄山名物の”温泉たまご”をおみやげとして購入したりしていました。皆さん満足された表情で硫黄山を後にし、帰路につきました。


    ビジターセンター長の説明    参加者集合写真    当センター職員解説中
     
    イソツツジとハイマツ群落    可憐なかわいいイソツツジ    硫黄山の白煙と参加者


    これまでの活動

    これまでの活動の様子は、こちらをご覧下さい。



    お問合せ先

    釧路湿原森林ふれあい推進センター
    〒085-0825 釧路市千歳町6番11号
    Tel:0154-44-0533

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader