このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

「法人の森林」制度

「法人の森林」とは、企業等の皆様と国がともに森林を造成・育成し、伐採後の収益を一定の割合で分け合う制度(分収林制度)で、既存の森林の整備を内容とする「分収育林」と、植林によって新たな森林を造成する「分収造林」の2つがあります。

あなたの会社の森林を育ててみませんか。

地球温暖化防止や水源のかん養、国土の保全などに役立つ森林づくりという社会貢献をしながら、

  • 創立記念など、記念行事としての森林づくり
  • 社員やお客様などとのふれあいの場としての森林づくり
  • 子ども達への森林環境教育の場としての森林づくり

など、国との間で分収林契約を締結することで、国有林を活用していただくことができます。

森林づくり写真

環境への取組をアピールできます。

  • 会社のホームページや環境報告書などで「法人の森林」での取組を紹介し、環境保全活動に積極的に取り組んでいることをアピールできます。
  • ご契約森林の環境貢献度を評価し、お知らせします。

    森林づくり写真

森林を利用してこのようなことができます。

  • 会社の名称、森林造成の趣旨などを掲げた簡易な看板を設置できます。
  • 森林づくりのほか、森林の利用の拠点として簡易な東屋やベンチなどの設置、遊歩道の整備などができます。
  • 植樹、下刈りなどの作業体験ができます。

    遊歩道写真

「法人の森林」契約一覧及び活動事例New

「法人の森林」契約の手続きについて

  • 契約までのおおまかな手順は次のとおりです。

契約までの流れ 

お問合せ先

国有林野部業務課国有林野管理室

担当:分収林班
代表:03-3502-8111(内線6312)
ダイヤルイン:03-3502-8383
FAX番号:03-3502-8054

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader