ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 和歌山森林管理署 > 森林(もり)を育てよう > 森林再生


ここから本文です。

和歌山森林管理署タイトルイメージ(末端)

署タイトル

森林再生

 

 紀南地方の最高峰である大塔山の山頂には本州南限のブナ林やモミ、ツガ林などがあり、『大塔山モミ・ツガ・ブナ植物群落保護林』として保護しています。

 平成10年に発生した誤伐により、鹿食害による裸地化、林床の乾燥化によるブナ林の枯死・倒木が進んでいます。このため、獣害防護柵・防風網を設置し、継続しての植生状況調査を実施しています。また、和歌山県、関係市長、自然保護団体と連携し、防護柵の効果、植生回復の現況確認、保護手法等について検討するための現地検討会を開催するなど森林再生に取り組みます。

 

大塔山森林再生

森林再生箇所位置図 

大塔山ブナ

大塔山山頂に生林するブナ

取組内容(PDF:721KB)

お問い合わせ先

和歌山森林管理署 
ダイヤルイン:050-3160-6120
FAX:0739-25-5433

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。