このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    箕面森林ふれあい推進センター組織

    設置の目的

    近畿中国森林管理局は、管轄する国有林野において、これまで自然再生や生物多様性の保全等に取り組むNPO活動や森林環境教育のフィールドとして様々な活動を支援しています。

    「箕面森林ふれあい推進センター」では、主に京都、大阪などの都市近郊の国有林野をフィールドとして取組を行います。

          1.NPO、ボランティア等と連携した各種取組
             ・都市近郊林における森林づくり活動への支援
             ・里山の整備
             ・活動団体の学びの場、交流の場の提供

          2.森林環境教育活動への支援
             ・森林環境教育プログラム「森の探検隊」の実施
             ・先生を対象とした森林環境教育研修の実施
             ・一般の方々を対象とした森林・林業の紹介パネル展示の開催等
          3.自然再生推進
             ・野生動物等により多大な影響を受けている森林植生の回復
             ・鳥獣害被害対策として、シカ等の捕獲の実証試験の実施

     

    センターの活動区域
    「箕面国有林」

    組織図

    sosikizu

    設置の背景

    森林や野生動植物を大切にしたい、地球温暖化防止の取組に参加したい、木の文化や伝統を守りたい、森林活動を通してリフレッシュしたい・・・など、最近、 「森林と関わりたい」という気運が高まりを見せる中、市民ボランティア等様々な立場の人、団体が主体となった森林づくり、自然再生活動が展開されています。

    また、限りある資源を有効に使うために循環型社会の構築が必要とされており、森林の多面的な機能を理解し、循環的に森林資源を利用するための知識の向上や日常生活において自然と親しむ機会の少ない21世紀を担うこどもたちの体験学習の場として、豊かな環境を有する森林を活用した「森林環境教育」に対する期待が高まっています。

    国有林においても、これらの期待の高まりに応え「森林づくり活動」や「森林環境教育」、「森林レクリエーション」の場の提供など、 これらの活動に対する支援を強化していくことが重要となっています。


    森林ふれあい推進事業
    「みのお森のセラピー」
    森林環境教育「森の探検隊」
    箕面市・豊能地区における
    教員を対象とした
    「森林環境教育教員研修」
    (ネイチャーゲームの様子)

     


    お問合せ先

    箕面森林ふれあい推進センター
    ダイヤルイン:050-3160-6745
    FAX:06-6881-2055

    郵便番号530-0042
    大阪市北区天満橋1丁目8-75
    近畿中国森林管理局庁舎3階