このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    尾鷲森林事務所

    尾鷲事務所

    国有林を彩る花々

    ギンリョウソウ ノリウツギ サツキ ハンカイソウ

    5月

    ギンリョウソウ

    7月

    ノリウツギ

    7月

    サツキ

    7月

    ハンカイソウ

    クサギ

    ヤハズアジサイ

    アケボノソウ

     


    8月

    クサギ

     

    8月

    ヤハズアジサイ

     

    9月

    アケボノソウ

     

    尾鷲森林事務所が管轄する国有林

    尾鷲管内図

    >大杉谷国有林

    >平石国有林

    >光山国有林

    >川原木屋国有林

    >妙婦谷国有林

    >岩井谷国有林

    >古和谷国有林

    >割石国有林

    >大河内山国有林

    >二ノ俣国有林

    >キヨラ谷国有林

    >矢ノ川国有林

     

     大杉谷国有林(大台町)

     大杉谷国有林には、原生的な森林が残されています。平成3年3月に「大杉谷森林生態系保護地域」に指定されました。
    生態系保護地域(西谷) 大杉渓谷 オオダイガハラサンショウウオ シャクナゲ
    大杉渓谷の最上流部、西谷の森林。 大杉渓谷。

    三重県の天然記念物に指定されている、
    オオダイガハラサンショウウオ。

    春にはシャクナゲがきれいに咲きます。

     

    大台ヶ原 パッチディフェンス 大台ヶ原ボランティア 大台ヶ原ボランティア集合写真
    樹木がニホンジカの食害を受け、
    森林の衰退が進んでいます。
    稚樹をニホンジカの食害から守るために
    設置したネットです。
    樹皮が食べられないように、ネットを
    巻き付けているところです。
    ボランティアの方々の協力を得ながら、
    対策を行っています。

     

    大杉谷国有林はいくつかの大きな谷に分かれていますが、代表的な谷を紹介します。

     千尋谷

    南大杉_千尋谷 南大杉_水越 千尋 一本杉
    千尋谷 水越谷 森の巨人たち百選

    千尋の一本杉

    幹周813cm、樹高45m

     

    加茂助谷

    南大杉_加茂助

     

    堂倉谷

    南大杉_堂倉 南大杉_粟谷
    堂倉谷 粟谷

     

    西谷

    南大杉_西谷

     

    不動谷

    南大杉_不動

     

     妙婦谷国有林(紀北町)

    妙婦谷

    (586-590,729-731林班)

    面積:588ha
    標高:80m~842m

     大河内山国有林(紀北町)

    大河内山

    (718林班)

    面積:132ha
    標高:60m~576m

      平石国有林(紀北町)

    平石

    (719-723林班)

    面積:541ha
    標高:60m~1,380m

      岩井谷国有林(紀北町)

    岩井谷国有林

    (591-599林班)

    面積:842ha
    標高:300m~1,250m

    その他:

    昭和30年「保安林整備臨時措置法」により買い入れたものです。

    全域が水源かん養保安林に指定されており、土質(基岩)は中性砂岩です。

      二ノ俣国有林(紀北町)

    二ノ俣国有林

    (600-608林班)

    面積:771ha
    標高:440m~1,450m

    その他:

    古くから引き継がれた国有林であり、大台ヶ原・日出ヶ岳に連なっています。
    全域が水源かん養保安林です。

     光山国有林(紀北町)

    光山

    (609-613,630-635林班)

    面積:777ha
    標高:350m~1,400m

    その他:

    昭和31年「国有林野整備臨時措置法」により買い入れたものです。
    奈良県境に接し、古和谷国有林と二ノ俣国有林の間に位置しています。
    土質(基岩)は、中性石灰砂岩です。隣接した民地には清五郎滝があります。

     古和谷国有林(尾鷲市)

     

    古和谷 尾鷲市遠望
      古和谷国有林から尾鷲市内を望むことができます。

    (614-624林班)

    面積:763ha
    標高:120m~1,270m

    その他:

    人工林歴は古く明治29年に古和谷国有林10林班い小班(現在の616林班スギ25.01ha)の新植を皮切りに拡大造林が始まりました。昭和35年より人工林が伐採、再造林され現在人工林約60%、天然生林約35%です。

     キヨラ谷国有林(尾鷲市)

    キヨラ

    (701-705林班)

    面積:416ha
    標高:160m~1,016m

    その他:

    昭和39年に尾鷲市有林を「国有林野整備臨時措置法」により買い入れ、昭和41年度より本格的に拡大造林を行い現在人工林約75%、天然林約20%で下流人工林の生長良好なヶ所は大径材生産林となっています。
    全域が水源かん養保安林に指定されています。

     川原木屋国有林(尾鷲市)

    河原小屋

    (714-717林班)

    面積:335ha
    標高:230m~1,008m

    その他:

    昭和41年に割石国有林と同時に買い入れ、買上当時人工林は全体の33%でしたが、昭和45年から昭和49年にかけて拡大造林を行い、現在人工林約40%、天然林約50%となっています。
    全域が水源かん養保安林に指定されています。

     割石国有林(尾鷲市)

    割石国有林

    (706-713林班)

    面積:508ha
    標高:490m~1,127m

    その他:

    昭和41年、旧傾城木屋官行造林地全域、尾鷲市有林を「国有林野整備臨時措置法」により買い入れたものです。
    昭和43年から昭和54年の間に拡大造林されたもので、尾鷲森林事務所では唯一除草剤のヘリ散布地拵による更新箇所です。
    シカ、カモシカの食害を受け改植ヶ所は現在育成天然林となっています。
    全域が水源かん養保安林に指定されており、土質(基岩)は中性砂岩です。

     矢ノ川国有林(尾鷲市)

    矢ノ川

    (1024-1028,1032-1035林班)

    面積:750ha
    標高:190m~1,044m

    その他:

    昭和48年度から昭和54年度にかけて「国有林整備臨時措置法」により買い入れ、昭和50年度より拡大造林を行い、現在人工林約40%、天然林約50%です

    お問合せ先

     

    尾鷲森林事務所

    住所:三重県尾鷲市中央町7-8
    TEL:0597-22-1511
    FAX:0597-22-9770