このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林総合監理士の育成・民国連携推進に向けた技術者育成の取組

     
    農林水産省は我が国の森林・林業を再生するための指針として、平成21年12月25日に「森林・林業再生プラン」(PDF : 176KB)を公表しました。

    この再生プランは10年間を目途に、路網の整備、森林施業の集約化及び必要な人材の育成を軸として持続的な森林経営と国産材の安定供給体制を構築し、我が国の森林・林業を早急に再生していくための指針として作成されました。

    これを受けて関東森林管理局では、森林・林業の再生に向けた取組を現場レベルで確実に実行するための人材を育成する「准フォレスター研修」と路網設計者などの人材を育成する「林業専用道技術者研修」を利根沼田森林管理署(群馬県沼田市)において平成23年度から25年度まで実施してきました。

    平成26年度からは、過去3年間実施してきた准フォレスター研修に替わり、将来、森林総合監理士(通称フォレスター)の候補となる若手技術者を中心に知識・技術のレベルアップを図る「技術者育成研修(平成29年度から森林総合監理士育成研修に名称変更)」と「実践研修(現地検討)」がスタートしました。

    また、関東森林管理局独自の取り組みとして、森林総合監理士研修終了者をはじめとする技術者の更なるスキルアップを目的とした、都県職員と国有林職員合同の研修も実施しています。
     


    H23sennhappyou    H23happyou H23ennbou  H23group

      

    令和2年度の研修実施状況

    令和2年度の研修については、新型コロナウイルス感染予防対策としてWebによる実施又は例年より規模を縮小しての開催となりました。また、研修環境等によっては中止したものもあります。

    1 森林総合監理士育成(後期)3研修 R2.9.30~10.2(当初予定)中止

    2 林業成長産業化構想技術者育成研修(前期の中央研修に引き続く「関東ブロック研修」を担当)R2.10.27~30 

    【ねらい】
      
    林業の成長産業化に向けて、ICT等の先端技術を活用した路線選定等による効率的かつ効果的な木材生産基盤となり得る路網計画を含む、森林の施業から木材の流通までを考慮した総合的な森づくり構想を作成に関する高度な知識・技術を有し、サプライチェーン・マネジメントまでを考えた林業成長産業化構想技術者を育成する。

         

    3 実践研修(現地検討) R2.10.14~16

      地域(各ブロック)の状況に応じたテーマに基づき、現地検討及び討議等を通じて、実践的な知識・技術を学びました。

      関東ブロックのテーマ : 「主伐・再造林に向けた、ニホンジカ被害対策全体構想の作成と実行について」


    【ねらい】
      
    地域のシカ被害対策の取組を総合的かつ効果的に推進するための知識・技術をさらに向上させ、対策の中核となる地域リーダーやコーディネーターとして関係機関等周囲と連携しつつ、被害対策の全体構想を作成し、実現に向けた取組が出来る人材の育成を目標とする。

            

    関東森林管理局独自研修

    1 森林総合監理士等スキルアップ研修Vol.1(広葉樹林化技術を学ぶ)R2.7.15~17

    【ねらい】
      
    生育が良好でない森林、車道や集落から遠いといった社会的要件が不利な森林等について、天然力を活用した針広混交林化等により育成複層林へ誘導するために必要な知識・技術を向上させ、科学的知見に基づき適切な目標林型、森林施業を選択することができる技術者を目指す。

           

    2 森林総合監理士等スキルアップ研修Vol.2(デジタルデータ基礎)R2.9.1~12.15(Web形式により開催)

    【ねらい】
      
    UAV(無人飛行機)、デジタルレーザーコンパス等により取得した森林情報(デジタルデータ)を活用できる人材の育成を図る。

    3 森林総合監理士等スキルアップ研修Vol.3(作業システムの選択と森林作業道作設技術)R2.11.10~13(当初予定)中止

    【ねらい】
      
    高性能林業機械を活用した作業システム及び路網(森林作業道)に関する基本的な知識を得ることにより、請負事業体等への効率的なアドバイスできるフォレスターを目指す。

    4 民国連携技術者育成研修(実践編) R2.7.28~31

    【ねらい】
      
    森林・林業再生、成長産業化に向けた新たな取組に対応し得る人材を養成するため、特に民国連携推進や民有林支援となる知識と技術の習得を図る。



          

    過去の研修実施状況は以下に掲載していますので、参考としてご覧ください。

    お問合せ先

    森林整備部  技術普及課
    担当者:企画官(技術開発)
    ダイヤルイン:027-210-1175
    FAX:027-210-1177

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader