このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    E 危険な動植物に注意 

    1.有毒な植物に注意

    • 山歩きでは、できるだけ皮膚が露出しない衣服を着用しましょう。
    • ツタウルシやハゼノキなどの有毒な植物には触れないようにしましょう。
    • シキミやドクウツギなどの毒を持つ植物は、口にしないようにしましょう。
    • 名前がわからないキノコは採らないようにしましょう。
    • トゲがある植物には、素手でさわらないようにしましょう。

     

    2.ススメバチに注意

    • スズメバチの巣には、いたずらをしないようにしましょう。
    • できるだけ黒い服装をさけ、帽子をかぶりましょう。
    • スズメバチを見かけたら、むやみに振り払わず飛び去るのを待ちましょう。
    • スズメバチに襲われたときは、なるべく姿勢を低くしましょう。
    • アレルギーを持っている人は、スズメバチに刺されると大変危険です。

     

    3.マムシに注意

    • 強い毒性を持つマムシには注意しましょう。
    • ヘビを見かけたら、マムシの可能性があるので近づかないようにしましょう。
    • ヘビが動かないときは、石や小枝などを投げて逃がしましょう。
    • ヤマカカシの毒性は、マムシと変わらないくらいに危険なので注意しましょう。
    • 棒などで薮を叩き、安全をチェックしながら歩きましょう。

     

    4.クマに注意

    •  クマとの遭遇をさけるため、ラジオ、笛、鈴など音の出るものを携帯しましょう。
    • クマは基本的に人を恐れる動物で、クマの目的はあくまでも食料です。
    • 食べ残りの食料は、必ず持ち帰りましょう。
    • クマは金属音を嫌うので、金属などがあったら叩きましょう。
    • クマに遭遇したら、クマの目を見ながらゆっくりと後ずさりして離れましょう。


    TOP

    お問合せ先

    計画保全部保全課
    担当者:森林利用係
    ダイヤルイン:027-210-1179
    FAX:027-210-1182