このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    D 天候の急変に備えて 

    1.天気予報を調べる

    • 出発前に天気予報を必ずチェックしましょう。
    • 大雨や強風が予想されるときは、山歩きを中止するか、延期しましょう。
    • 荒天になるまでに、時間の余裕があれば下山しましょう。
    • 強風のときは、木の枝が落ちてくることがあるので注意しましょう。
    • 大雨の後は、土砂崩れの危険性があるので注意しましょう。


    「気象庁ホームページ」へリンク   気象庁ホームページ 

    2.濃霧に遭ったときに

    • 濃霧の中での山歩きは、道に迷う危険性が大きくなります。
    • 濃霧の中では、視界がきかないので地図やコンパスが役に立ちません。
    • 確実な方向がわかっているときは、道標などを辿りながら進みましょう。
    • 視界が少し開けたら、地形をチェックし、進むべき方向を見極めましょう。
    • 進むべき方向がわからないときは、視界が開けるまで待ちましょう。

     

    3.雷に遭わないために

    • 気象情報で雷注意報をチェックしましょう。
    • 雷注意報が出されているときは、逃げ場がない高山地域での山歩きはやめましょう。
    • 夏場では、なるべく早く出発し、昼過ぎには目的地に着くようにしましょう。
    • 遠くに雷鳴が聞こえたら、どこに避難するかを考えておきましょう。
    • 山頂、尾根、開けた場所、独立木の下、崖の下などはさけましょう。

     

    4.雪道ハイクでの注意

    • 初めてのコースでは、ガイドに案内してもらいましょう。
    • あらかじめ川、沼、窪地、崖地、岩場などの地形をチェックしておきましょう。
    • 崖、川、沼などの縁にできた雪庇(せっぴ)の踏み抜きは大変危険です。
    • 急な斜面の下では、雪崩の危険があるので注意しましょう。
    • 木の周囲は空洞になっているので、近寄らないようにしましょう。

     

    TOP

    お問合せ先

    計画保全部保全課
    担当者:森林利用係
    ダイヤルイン:027-210-1179
    FAX:027-210-1182