このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    A 森のマナー

    1.施設の利用

    • 車の規制地域には、進入しないようにしましょう。不必要なアイドリングはやめましょう。
    • 立ち入りを禁止している区域には、立ち入らないようにしましょう。
    • 管理棟、休憩所、道標などの施設を壊したり、汚したりしないようにしましょう。
    • 公衆トイレは清潔に使いましょう。
    • 定められた歩道を歩きましょう。
    • 近道は、土砂崩れや落石の原因となります。

    2.動物の保護

    • 樹木などの植物を傷つけることはやめましょう。
    •  高山植物の採取は厳につつしみましょう。
    • 外来の植物の種を蒔いたり、苗を植え込むことはやめましょう。
    • 野生動物に餌を与えることはやめましょう。
    • 森の生きものはむやみに捕まえないようにしましょう。

    3.たき火・タバコの始末

    • たき火は、指定された場所以外では厳につつしみましょう。
    • たき火をするときは、周りの燃えやすいものを取り除いてから行いましょう。
    • 立ち去るときは、水をかけて消すか、土をかけて踏み固めるなど、消火を確かめましょう。
    • タバコを吸う人は携帯灰皿を用意しましょう。
    • 歩きながらタバコを吸うことはやめましょう。

    4.ゴミと排泄物の処理

    • 自分が出したゴミは、必ず持ち帰りましょう。
    • 沼や沢の近くでは、排泄しないようにしましょう。
    • 山に入るときは、トイレを済ませてから出発しましょう。
    • 野外で排泄するときは、穴を掘って排泄物を埋めるか、排泄物用袋を利用しましょう。
    • ペットの連れ込みを禁止している地域では、ペットの連れ込みはつつしみましょう。

     

    TOP

     

    お問合せ先

    計画保全部保全課
    担当者:森林利用係
    ダイヤルイン:027-210-1179
    FAX:027-210-1182