このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    電子入札システムにおける機能改善について(「同時提出型」の運用開始)

    電子入札システムにおける機能改善について(「同時提出型」の運用開始)

    総合評価落札方式(同時提出型)の試行開始については、平成31年1月22日付けでお知らせしたところですが、電子入札システムが「同時提出型」に対応したシステム構成となっていなかったことから、これまで、電子入札システム上で「競争参加資格確認申請書」を受領した後に発行される「競争参加資格確認通知書」については、競争参加資格の確認結果を通知するものではなく、申請書の受領通知として読み替えて入札手続きを行ってきました。

    このたび、電子入札システムの機能が改善され、入札方式に新たに「同時提出型」が追加されました。これにより、これまでの確認通知書の読み替えが不要となり、本来の「同時提出型」の手続きの流れに沿ったシステム運用ができることになりました。

    つきましては、令和2年4月1日以降に入札公告する対象工事については、追加された新機能を利用して入札実施することになりましたので、お知らせします。具体的な操作方法等については、別添操作マニュアルをご参照ください。

    電子入札システムにおける機能改善について(「同時提出型」の運用開始)(PDF : 50KB)
    同時提出型入札方式:受注者向けマニュアル(PDF : 4,579KB)

    お問合せ先

    総務企画部経理課

    担当者:課長補佐
    ダイヤルイン:027-210-1149
    FAX番号:027-210-1169