このページの本文へ移動

林野庁

メニュー
  • 地獄谷中心部に向かう遊歩道
    地獄谷中心部に向かう遊歩道 地獄谷中心部に向かう遊歩道
  • 登別温泉地獄谷
    登別温泉地獄谷 登別温泉地獄谷
  • 地獄谷中心部にある鉄泉池(てっせんいけ)
    地獄谷中心部にある鉄泉池(てっせんいけ) 地獄谷中心部にある鉄泉池(てっせんいけ)
  • 大湯沼
    大湯沼 大湯沼
  • 奥の湯
    奥の湯 奥の湯
  • 日和山と大湯沼を望む
    日和山と大湯沼を望む 日和山と大湯沼を望む

登別温泉風景林

462.34ha

標高  最低地点:200m/全般:200 ~ 550m/最高地点:550m

谷も沼も噴気孔もヒグマも、見どころたくさん&温泉三昧

谷も沼も噴気孔もヒグマも、見どころたくさん&温泉三昧

最新情報
最新情報はこちら
お出かけの際は、オフィシャル観光情報等をご確認ください。
地域
北海道
アクティビティ
花見 紅葉狩り バードウォッチング(含む周辺) ピクニック広場(芝生広場等)
概要
地理的・地形的特徴
海岸部にある登別市中心市街地から北側の山間部の日和山(ひよりやま)、地獄谷、大湯沼(おおゆぬま)等を擁する渓谷です。登別温泉街を囲むように所在しており、全域が「支笏洞爺(しこつとうや)国立公園」に指定されています。
歴史的・文化的特徴
「登別」は、アイヌ語の「ヌプル・ペツ」(白く濁った川・色の濃い川)という言葉に由来すると言われています。
登別温泉は古来アイヌの人々が薬湯として重宝していたと言われており、弘化(こうか)2年(1845年)には北海道(当初は北加伊道)の名付け親でもある松浦武四郎(たけしろう)が訪れ、その魅力を綴っています。
明治時代には日露戦争の傷病兵の保養地に指定され、鉄道開業や北海道帝国大学医学部附属登別分院設置等、豊富な湯量と多くの泉質を特色に様々な施設が作られました。また、天皇陛下が行幸した地としても知られています。
当レクリエーションの森は、温泉街を取り囲むように位置しているため、温泉を訪れる人々に親しまれ、憩いの場ともなっています。
気候等と植生・野生生物
北海道としては降雪が少なく気候も穏やかです。
大正13年(1924年)に天然記念物に指定された「登別原始林」が存在し、ミズナラ等の約60種の樹木やミヤマキヌタソウ等の約110種の草本類が自生しています。
楽しみ方
「登別温泉」は、源泉温度が45~90℃で、約1万t/日の自然湧出量と豊富な泉質を誇ります。特に、9種類もの源泉が湧き出していることは世界的にも珍しく、「温泉のデパート」とも言われています。最近は国内だけでなく外国人観光客にも人気があり、訪れる人が年々増加しています。
なかでも爆裂火口の跡である「地獄谷」は、直径が約450mの登別温泉最大の源泉エリアとなっています。周辺にある活火山「日和山」から立ち昇る白煙や、その噴火によって生じた「大湯沼」からもくもく上がる湯気はまさに地獄を見るようで、背景の原生的な風景林がその奇怪な光景を際立たせています。
このほか登別温泉ロープウェイを利用して約15分で行くことができる「のぼりべつクマ牧場」では、迫力あるヒグマへのエサやり体験をすることができます。
お知らせ
恒例イベント
登別地獄まつり(毎年8月下旬)
登別温泉湯まつり(毎年2月3日・4日)
カルルス温泉冬まつり(毎年3月第一日曜日)
注意(動植物)
草藪のダニに注意。長袖、長ズボンの着用は必須。散策が終わったらダニが衣類、リュック等に付いていないか十分確認を行うこと。
利用案内
入園料
レク森は無料
登別パークサービスセンター:無料
のぼりべつクマ牧場:大人2,600円/小人1,300円3歳以下無料
ロープウェイ乗車料金はクマ牧場の入場料に含まれる。
開園時間・期間・時期等
24時間開放
管理棟など有人施設
登別パークサービスセンター
夏期(5月~10月)/8時から18時まで
冬期(11月~4月)/8時から17時まで
宿泊の選択肢
近隣に温泉宿多数有り
施設
トイレ・水飲み場(含む周辺) バリアフリートイレ(含む周辺)3箇所 遊歩道・散策路・自然観察路(含む周辺) 駐車場(含む周辺)2箇所(施設利用、アクティビティ参加は有料) 展望台 自動販売機(「レクリエーションの森」外) 売店(含む周辺・近郊) レストラン・食堂(「レクリエーションの森」外) 資料館・博物館(「レクリエーションの森」外)(施設利用、アクティビティ参加は有料) 世界遺産・文化財(国指定) 宿泊施設(ホテル・旅館等)(「レクリエーションの森」外) 温泉(「レクリエーションの森」外)(施設利用、アクティビティ参加は有料)
園内図
pdfはこちら
所在地
北海道登別市登別温泉
アクセス
アクセス図

【駐車場の駐車台数・駐車代金】
  • ・登別地獄谷第1駐車場:大型14台/普通車60台有料(大型バス1日1回2,000円/普通車1日1回500円)
  • ・登別地獄谷第2駐車場:普通車70台/有料(大型バス1日1回2,000円/普通車1日1回500円)
  • ・大湯沼駐車場:大型1台/普通車39台/有料(マイクロバス1日1回1,000円/普通車1日1回500円)【冬期間閉鎖】
【最寄りの他の観光施設等】
  • カルルス温泉(車で約15分)
    登別伊達時代村(車で約25分)
森林管理署連絡先
後志森林管理署
TEL:0136-22-0145
FAX:0136-22-0106
地域の他の
観光情報
倶多楽湖(くったらこ)[外部リンク]
カルルス温泉エリア[外部リンク]
登別伊達時代村[外部リンク]
登別マリンパークニクス[外部リンク]
オフィシャル
観光情報
一般社団登別国際観光コンベンション協会HP[外部リンク]
レク森協議会
サポーター
その他

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader