このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

第1部 第 IV 章 第2節 木材産業の動向(4)

(4)合板製造業

(合板生産のほとんどは針葉樹構造用合板)

合板は、木材を薄く剥いた単板を3枚以上、繊維方向が直角になるよう交互に積層接着した板である。狂い、反り、割れ等が起こりにくく強度も安定しており、また、製材品では製造が困難な大きな面材が生産できることから、住宅の壁・床・屋根の下地材やフロア台板、コンクリート型枠(かたわく)等、多様な用途に利用される。

普通合板(*83)の生産量は、平成27(2015)年には前年比2%減の276万m3であった。このうち、針葉樹合板は全体の93%を占める257万m3となっている。また、厚さ12mm以上の合板の生産量は全体の86%を占める237万m3となっている(*84)。また、平成23(2011)年におけるLVL(*85)の製品出荷量は10万m3となっている(*86)。

用途別にみると、普通合板のうち、構造用合板が239万m3、コンクリート型枠(かたわく)用合板が5万m3等となっており、構造用合板が大部分を占めている(*87)。フロア台板用合板やコンクリート型枠(かたわく)用合板等では、輸入製品が大きなシェアを占めており、これらの分野での国産材利用の拡大が課題となっている。


(*83)表面加工を施さない合板。用途は、コンクリート型枠用、建築用構造用、足場板用・パレット用、難燃・防炎用等。

(*84)農林水産省「木材統計」

(*85)「Laminated veneer lumber」の略で、木材を薄く剥いた単板を3枚以上、繊維方向が平行になるよう積層接着した製品のこと。

(*86)農林水産省「平成23年木材流通構造調査」

(*87)農林水産省「木材統計」



(国産材を利用した合板生産が増加)

かつて、国内で生産される合板の原料のほとんどは、東南アジアから輸入された広葉樹材(南洋材(*88))であった。昭和60年代からは、インドネシアによる丸太輸出禁止等の影響により、製品形態での輸入が増加するとともに、国内の合板メーカーは原料となる丸太についてロシア材を中心とする針葉樹材(北洋材(*89))へと転換を進めた。平成12(2000)年以降は、間伐材等の国産材に対応した合板製造技術の開発が進められたことに加え、厚物合板の用途の確立や、「新流通・加工システム」等による合板用材の供給・加工体制の整備が進んだことにより、ロシアによる丸太輸出税の引上げを契機として、合板原料をスギやカラマツを中心とする国産材針葉樹に転換する動きが急速に進んだことから、国内生産における国産材の割合は平成27(2015)年には79%まで上昇した。

平成27(2015)年における合板製造業への素材供給量は前年比3%減の445万m3(*90)であったが、このうち国産材は前年比5%増の353万m3(79%)、輸入材は前年比27%減の92万m3(21%)となっている(資料 IV -28)。国産材のうち、スギは62%、カラマツは20%、アカマツ・クロマツは7%で、輸入材のうち、米材(べいざい)は63%、南洋材は22%、北洋材は12%となっている(*91)。

一方、輸入製品を含む合板用材の需要量全体をみると、平成27(2015)年の需要量991万m3のうち、国産材は353万m3(合板用材全体に占める割合は36%)、輸入丸太は92万m3(同9%)、輸入製品は546万m3(同55%)となっている(資料 IV -28)。輸入製品の主な輸入先国は、マレーシア(198万m3)、中国(148万m3)、インドネシア(147万m3)等となっている(資料 IV -29)。

合板用材の供給量の推移
データ(エクセル:101KB)
          合板供給量の状況(平成27(2015)年)
データ(エクセル:58KB)

(*88)ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニア等の南方地域から輸入される木材。

(*89)ロシアから輸入される木材。

(*90)LVL分を含む。

(*91)農林水産省「木材統計」。LVL分を含まない。



(合単板工場数は減少)

我が国の合単板工場数は、平成27(2015)年末時点で、前年より1工場減の185工場となっている。このうち、単板のみを生産する工場が14工場、普通合板のみが31工場、特殊合板のみが137工場、普通合板と特殊合板の両方を生産する工場が3工場となっている。平成27(2015)年末における合単板工場の従業員総数は、前年からわずかに減少し、6,957人となっている(*92)。また、平成23(2011)年末におけるLVL工場は12工場となっている(*93)。

かつて、合板工場の多くは原料となる丸太を輸入材に依存していたことから、沿岸部に設置されてきたが、国産材への原料転換に伴い、国内の森林資源に近接する内陸部に建設される動きもみられる。


(*92)農林水産省「木材統計」

(*93)農林水産省「平成23年木材流通構造調査」



(合板以外のボード類の動向)

合板と同様の用途に用いられる木質ボードとして、パーティクルボード(削片板)、ファイバーボード(繊維板)がある。

パーティクルボードは、細かく切削した木材に接着剤を添加して熱圧した板製品である。遮音性、断熱性、加工性に優れることから、家具や建築用に利用されている。平成27(2015)年におけるパーティクルボードの生産量は前年と同程度の107万m3(*94)、輸入量は前年比9%減の24万m3となっている(*95)。

ファイバーボードは密度によって種類があり、密度の高い高密度繊維板(ハードボード)は自動車内装、家具、建築、電気製品等に、中密度繊維板(MDF(*96))は家具・木工、電気機器、住設機器等に、密度の低い低密度繊維板(インシュレーションボード)は畳床等に利用される。平成27(2015)年におけるファイバーボードの生産量は前年比7%減の79万m3となっている(*97)。


(*94)経済産業省「平成27年経済産業省生産動態統計年報 資源・窯業・建材統計編」

(*95)財務省「貿易統計」

(*96)「Medium density fiberboard」の略。

(*97)経済産業省「平成27年経済産業省生産動態統計年報 資源・窯業・建材統計編」


お問合せ先

林政部企画課

担当者:年次報告班
代表:03-3502-8111(内線6061)
ダイヤルイン:03-6744-2219
FAX:03-3593-9564