このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林ボランティア「オホーツクの会」

    私たちの会は、森林でのボランティア活動を通じて「森林の中で自然と親しみ」、「森林に学び」森林がもつ、温室効果ガスの抑制、水源かん養効果、気象緩和などの森林機能を拡大させるため「森林・林業に対する意識を高めて」、これに共感する人の輪を広げようと平成20年3月に設立されました。

    森林ボランティアはどんなことをするのか

    1  森林の役割や大切さを学び、そして広めます。

    2  森林の機能を充実させるため、森林の手入れをします。(植樹、草刈、枝打ち、除伐、歩道の整備等)

    3  森林散策など、森林にふれあい親しめる行事をおこないます。

    4  会報を発行し情報交換や会員相互の親睦を深めます。

    5  その他、森林を守り育てることにつながる様々な活動をします。

     活動の場は

    現在は北見を中心に主に国有林「オホーツクの森」で活動していますが、これ以外でも活動の場があれば参加することとしています。

    会員になるには

    会の趣旨に賛同し共に活動していただける方なら、どなたでも。
    会費は年間1,000円(ひと家族)となります。(会費は通信、会報などの実費経費程度です。)
    行事は本人のご都合により参加できます。
    ただし、行事参加にかかる経費・保険などは、その都度、自己負担となります。

    お問合せ・加入手続き

    森林ボランティア「オホーツクの会」事務局
    【Tel】090-7655-3047  (おかけ間違いのないよう、お気をつけ下さい。)



    参加者募集・行事予定

    1令和2年11月18日(水曜日)~24日(火曜日)「オホーツクの会」写真展:開催場所北見市NHKぎゃらりー(北見市北斗町2丁目3-24)
    オホーツクの会写真展(PDF : 886KB)

    2令和2年3月1日(日曜日)「冬の自然観察会」(サロマ湖畔) ※諸般の事情により当観察会は中止とさせていただきます。
    自然観察会プレスリリース(PDF : 71KB)

    イベントの開催状況

    令和元年10月12日(土曜日)秋の森林散策会(滝上峡谷(錦仙峡))


    10月12日、総勢43名の参加により秋の森林散策会「錦仙峡」を行いました。
    錦仙峡は、滝上町市街地を流れる渚滑川の両岸に設置された「北海道観光百景」「美しい日本の歩きたくなる道500選」などに選ばれている遊歩道で、紅葉真っ盛りでした。
    スタート地点の「虹の橋」で集合写真を撮った後、6班に分かれて約3.0kmを1時間30分ほどかけて散策しました。
    カエデ、ナナカマド、ミズナラなどの紅(黄)葉と大小さまざまな滝や岩肌が織りなす風景に「紅葉の美しさに感動!」「こんな良い所があったなんて!」「まるで奥入瀬渓流みたい」などの声がありました。

    錦仙峡の紅葉1 錦仙峡の紅葉2
    錦仙峡の紅葉1 錦仙峡の紅葉2


    平成31年3月3日(日曜日)  冬の自然観察会(網走市呼人半島)

    青空に加えて春を思わせる暖かさのもと、網走国定公園の一部である呼人半島で冬の自然観察会が行われました。

    北見市及び近隣からの参加者31名がガイドの案内のもと4グループに分かれスノーシューを履いての散策です。

    初めてのスノーシューに戸惑う者もいましたが、雪の上を歩く感触を楽しみ、時折頭上を舞うオジロワシ・オオワシのシルエットに歓声を上げました。

    森の中に足を踏み入れると太さ1mを越す大木(推定樹齢300年以上)や太さ10cmほどのサルナシ(コクワ)のツルにビックリ、「これに実がついたら食べきれない・・」との声もありました。

    雪上には、エゾリス、キタキツネ、エゾシカ等の足跡があり、動物にとっても生活しやすい環境であると感じました。

    毛皮のようなキタコブシの冬芽、冬でも落ちないツルアジサイの花、ビールのホップのようなサワシバの実、ヤチダモの雄姿・・・冬の森林は見所いっぱいです。

    また、地球温暖化の影響を受けてか、今年は例年に比べて積雪が少ないこともあり、沢沿いではすでに芽を伸ばしているミズバショウが顔を出している等、「春近し」を感じる参加者の笑顔があふれた冬の自然観察会となりました。

    記念撮影
    樹木の解説を聞く参加者
    記念撮影 樹木の解説を聞く参加者





     



    平成30年9月30日(土曜日)  秋の森林散策会(網走市駒場・北浜)

    台風の接近予報もありましたが、幸いにも天候に恵まれ17名の参加により秋の森林散策会を行いました。
    今回は、大型商業施設や住宅地と接する「こまば木の広場」(網走市駒場)、2012年に環境省が設置(網走市などが管理運営)した「濤沸湖水鳥・湿地センター」(網走市北浜)の2ヶ所で自然と人間の関わりを学びました。
    「こまば木の広場」は、オホーツク海に隣接する崖上の高台に位置し、遠くは知床連山を見ることができる景勝地で、手つかずの巨木が生い茂る森林が全長5kmにわたり広がっています。
    参加者の感想は、「適度な距離で足元も良く、傾斜が穏やかなので、お年寄りでも楽しく無理なく歩けるコース、また歩きたい。」、「オオウバユリの群生地があったので開花時期に訪れたい。」、「住宅のすぐ近くなのに野鳥やエゾリス・シマリスを見ることができ感動した。」、「身近な町の中に巨木が生い茂る森が残されており、今までよく自然が守られてきたと感心した。」、「数年前まで網走に住んでいたが、このようなすばらしい場所があることを知らなかった。」、「リスと人間の距離があまりにも近く、野生動物へのえさやりについて考えさせられた。」などがありました。
    「濤沸湖水鳥・湿地センター」では、濤沸湖の概要を映像で観た後、センター職員の解説を受けながら、湖に戯れる水鳥を観察しました。川の水と海水が入り混じる濤沸湖は、生き物にとって栄養豊富な環境で、冬を前に南へ渡るオオハクチョウやさまざまなカモなどおよそ50種類の水鳥が立ち寄り羽を休めるそうです。
    参加者の感想は、「普段見ることのできない渡り鳥の多さに驚いた。」、「初めて望遠鏡で野鳥を見た。野鳥が身近に感じるようになった。」、「オオワシ(レプリカ?)を間近に見て、その大きさにビックリした。」などでした。リスと水鳥を間近で見ることができ、また、私たちの住んでいる近くの身近なところの森や動物たちの営みを感じることができ有意義な散策会となりました。

    記念撮影 森林散策の様子
    集合写真(森林散策会) 森林散策の様子



    かわいい訪問者(シマリス)
    野鳥の群れ
    かわいい訪問者(シマリス)
    野鳥の群れ


    会報 「オホーツクの会」 だより


    令和2年度


    令和元年度 

              
    平成30年度
     

    平成29年度   


    平成20年度~平成28年度

    会報No.1(PDF:667KB)  会報No.2(PDF:677KB)      会報No.3(PDF:608KB)
      
    会報No.4(PDF:657KB)  会報No.5(PDF:740KB)      会報No.6(PDF:1,085KB)

    会報No.7(PDF:645KB)  会報No.8(PDF:684KB)      会報No.9(PDF:725KB)

    会報No.10(PDF:573KB)会報No.11(PDF:655KB)    会報No.12(PDF:782KB)

    会報No.13(PDF:929KB)会報No.14(PDF:1,282KB) 会報No.15(PDF:1,001KB)
      
    会報No.16(PDF:1,035KB) 会報No.17(PDF:2,426KB) 会報No.18(PDF:663KB)

    会報No.19(PDF:2,040KB) 会報No.20 (PDF:3,075KB)会報No.21(PDF:1,777KB)

    会報No.22(PDF:862KB)   会報No.23(PDF:1,215KB) 会報No.24(PDF:1,730KB)

    会報No.25(PDF:2,598KB)会報No.26(PDF:1,381KB)会報No.27(PDF:2,776KB)

    会報No.28(PDF:2,550KB)会報No.29(PDF:1,222KB)会報No.30(PDF:1,727KB)

    会報No.31(PDF:915KB)   会報No.32(PDF:1,094KB)会報No.33(PDF:1,337KB)


    会報No.34(PDF:1,627KB)
    会報No.35(PDF:1,513KB) 会報No.36(PDF : 887KB)

    今年度の活動予定

    • 常呂川森林ふれあい推進センターのイベントをお手伝いします。
      また、必要に応じて森林の手入れなどを行います。

     具体的な活動

     「森の家」周辺の草刈りを行いました。
    刈払い前
    草刈り前の様子

    刈払い中
    草、刈り払い中


      道具整備中
      刃が欠けたので、整備中です

    刈払い後
    刈り払い終了。こんなにきれいになりました。

     

    この日は、「モデル林」の歩道の手入れをしました。
    草刈作業












    歩道の草刈り中
    障害物除去












    みんなで、力を合わせて

    お問合せ先

    常呂川森林ふれあい推進センター
     〒090-8588 北見市北斗町3丁目11-3
    【Tel】0157-23-2960 【Fax】0157-26-2144

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader