このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー
     

    林政連絡会議等


    北海道森林管理局と北海道は、森林づくりに関する具体的な取組について検討・調整を図るため、毎年、林政連絡会議等を開催しています。

     令和元年度 第2回林政連絡会議

    令和2年1月29日(水曜日)、札幌市内の第二水産ビル会議室において、北海道と今年度2回目の林政連絡会議を開催しました。

    北海道からは水産林務部長、次長、各局長及び各課長等が、北海道森林管理局からは局長、次長、各部長、各課長等の総勢39名が出席しました。

    今回の会議では前会議でも取りあげた「造林作業の省力化手法の検証・普及」「トドマツ人工林材の利用促進」の2項目について、今年度の取組結果や今後連携が望まれる事項について意見交換を行ったほか、今年4月に施行される樹木採取権制度や、同じく4月に開校する北の森づくり専門学院、10月に開催される第44回全国育樹祭などについて情報共有を行いました。

    北海道水産林務部長の挨拶
     北海道水産林務部長の挨拶

    会議の様子
    会議の様子

    トドマツ人工林材の利用促進について説明する道林業木材課長
    トドマツ人工林材の利用促進について説明する道林業木材課長

     樹木採取権について説明する局森林整備部長
    樹木採取権について説明する局森林整備部長
       
     北海道森林管理局長の挨拶 
    北海道森林管理局長の挨拶

     令和元年度 第1回林政連絡会議

    令和元年6月10日(月曜日)、北海道森林管理局大会議室において、今年度第1回の林政連絡会議を開催しました。

    会議には北海道から水産林務部長、次長、各局長及び課長等が、北海道森林管理局からは、局長、次長、各部長、各課長等、総勢39名が出席しました。

    本会議は、「北海道森林づくりに関する覚書」に基づき、地域産業の活性化や雇用の創出、森林の保全、道民との協働による森づくりなど、北海道と森林管理局が連携した取組を進めるため開催されています。

    今回の会議では「造林作業の省力化手法の検証・普及」「トドマツ人工林材の普及」の2項目について議題が挙げられ、これまでの取組の状況、成果、課題、今後望まれる連携事項について意見交換を行い、双方が一緒になって取り組んでいくことを確認しました。

    また、今年度改定された国有林野管理経営法や2020年開校予定の「北海道立北の森づくり専門学院」等について情報共有が行われ閉会しました。

    新島森林管理局長の挨拶
    新島森林管理局長の挨拶

    森林管理局整備第一課長
    造林作業の省力化について説明する
    森林管理局整備第一課長

    北海道林業木材課長
    トドマツ人工林材の利用促進について説明する
    北海道林業木材課長

    中田北海道水産林務部長
    中田北海道水産林務部長の挨拶

     過去の林政連絡会議等

    • 平成30年度の林政連絡会議等の様子はこちら
    • 平成29年度の林政連絡会議等の様子はこちら
    • 平成28年度の林政連絡会議等の様子はこちら
    • 平成27年度の林政連絡会議等の様子はこちら
    • 平成26年度の林政連絡会議等の様子はこちら
    • 平成25年度の林政連絡会議等の様子はこちら
    • 平成24年度の林政連絡会議等の様子はこちら

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271
    FAX:011-622-5194

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader