このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    野幌森林再生プロジェクト

    石狩平野に約2000ヘクタール(約8割が国有林)にわたり広がる丘陵森林「野幌森林公園」(札幌市・江別市・北広島市)は、世界的にもあまり例のない大規模な都市近郊林として、年間30万人以上の市民に利用されています。

    平成16年9月、この森林が台風により大きな風倒被害を受けました。北海道森林管理局では、当センターを中心として、市民と協働により風倒被害跡地を自然林に再生させる「野幌森林再生プロジェクト」を実施しています。

                     平成16年9月に発生した台風18号の被害直後

    1.風倒被害と森林再生方向 

    野幌森林再生検討会による再生方向を紹介しています。

    2.森林再生活動の現状 

    これまでの活動状況等を紹介します。



    主な活動内容等


    野幌森林づくり塾
    森林づくりを体験しながら、森林とのかかわりを深め、将来的には自主的なボランティア活動の展開に
    つなげていくこととしています。
    例年、動植物等の専門分野の先生を講師に招いた勉強会なども行っています。
       



    団体型森林づくり

    NPO団体、大学、企業等といっしょに、風倒被害跡地に植栽、保育、生育調査等を行っています。
    当センターでは、各作業における技術指導や森林整備の支援を行っています。
       


    みんなで森林づくり

    公募により集まったボランティアにより、風倒被害跡地に植栽した箇所の下刈作業等を実施しています。
       

    3.自然環境モニタリング 

    学術経験者と連携して森林の再生状況を把握するためのモニタリング調査を実施しています。
       

    4.プロジェクトの評価

    野幌プロジェクトのより魅力的で着実な実行に資するため、地域関係者や学識者からなる野幌プロジェクトフォローアップ委員会を設置しています。

     

    お問合せ先

    石狩地域森林ふれあい推進センター
    〒064-8537 札幌市中央区宮の森3条7丁目70番
    Tel:011-622-5114
    Fax:011-805-0201