このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    国有林への入林

    平成30年4月1日より入林の手続が変更になりました。
    初めて入林手続きをされる方はこちらのフロー図をご確認ください。

    入林手続きの流れ(フロー図)(PDF : 99KB)

    【注意喚起】

    森林内等の作業におけるダニ刺咬予防対策【林野庁HPへリンク】

    「マダニ対策、今できること」【国立感染症研究所HPへリンク】

    クマに関する各種情報・取組【環境省HPへリンク】

     【国有林への入林(入山)を希望される皆様へ】 

    国有林におきましては、管理経営上の支障等がないか確認を行うため、原則として、入林を希望される方に入林届の提出等の事前の手続きをお願いしています。 

    また、入林者や国有林内で働く職員などの安全確保、森林生態系保全の観点等から問題がある場合には、立入を制限することもあります。 

    このため、入林を希望される方で、下記の「入林手続が必要な場合」に該当するときは、入林予定の国有林を管轄する森林管理署・支署、森林管理事務所(以下、「森林管理署等」という。)に入林届等の提出をお願いします。

     なお、多くの国有林野では、森林法や自然公園法等各種法令により行為制限が設けられています。

     このため、各種調査等を目的に入林し、国有林野内の動植物を捕獲・採取・伐採等したり、国有林野の土地に穴を掘る等の形質変更等を行ったりする場合には、上記の入林手続きとは別に、制限を行う権限を有する機関(都道府県や環境省等)での各種法令に基づく手続きが必要な場合がありますので、入林届提出前に、入林をご希望の国有林を管轄する森林管理署等にご相談ください。 

    各森林管理署等の連絡先:入林届の提出先(▼クリックで展開します)

    入林手続が不要な場合

     レクリエ-ションの森、スキー場、野営場、林道(一般車両等の通行を禁止している場合を除く)、登山道、歩道、広場、休憩小屋等の施設が設置されている場所に、登山や森林浴など森林レクリエーションを目的で入林される場合

    詳細についてはこちらをご覧ください。(PDF : 785KB)

     入林手続きが必要な場合

     上記入林手続きが不要とされる場合以外で、以下に掲げる目的及び行為を行う場合は、それぞれ入林手続が異なるため下記リンクより手続に必要な事項等をご確認ください。 なお、下記1、2のいずれかの入林届を提出される場合、重複して他の入林届を提出する必要はありません。

    〈入林届〉

    1.鳥獣の捕獲等を行う場合

    2.国有林野内で無人航空機(ドローン、ラジコン機等)を飛行させる場合

    3.国又は地方公共団体の職員等が国有林野に入林する場合

    4.上記以外の目的等で入林する場合(イベント開催、取材、調査等)

     
    〈許可申請〉

    1.高山植物等を採取する場合
     

    入林予定者情報 

    入林に際し安全の参考にしてください。

    銃器を使用した鳥獣の捕獲等を目的とする入林予定一覧表(PDF : 147KB)【令和元年12月1日現在】 (毎月5日頃更新)

     【狩猟の基本ルールの徹底について】

    平成30年11月20日、北海道森林管理局石狩森林管理署の職員が、恵庭市内の国有林において、狩猟者からエゾジカと間違えられ、誤射により死亡するという、あってはならない事故が発生しました。
    今回の事故の原因は、事故を起こした狩猟者が、狩猟の基本ルールである矢先の確認、獲物の確認を全く守っておらず、さらに、法令で禁止されている林道(公道)に向けて猟銃を発砲したことにあります。
    中部森林管理局では、森林内での作業に従事する林業関係者にとっても大変重大な事故であると受け止めており、二度とあってはならない事故です。
    狩猟者の皆さまにおかれましては、狩猟にあたっては、矢先の安全確認を十分に行うなど、関係法令の遵守はもとより、下記の「安全のための遵守事項」を確認していただき、事故の防止に万全の注意を払い、このような事故が発生することのないようお願いします。

    《入林届》

     1.鳥獣の捕獲等を目的とする場合の手続

     

    【狩猟を実施するにあたり必ず守っていただきたいこと】

    安全のための遵守事項(PDF : 58KB)を確認のうえ、遵守ください。
    • 立入禁止区域について、交付または閲覧された図面等により必ず位置を確認してください。

    こちらから各署等の立入禁止区域図面をご覧下さい。 

    • 「入林届」の受理後は、その写しを返送いたします。車両の見やすいところに、送付された写しを掲示してください。また、銃器を使用される方は、その際送付された注意喚起看板についても、車体の側面等の見やすい場所に掲示してください。

     
    (1)鳥獣の捕獲等(銃器を使用しない場合も含む。)を目的として国有林野へ入林をする方は、時間的余裕をもって(※1)入林しようとする国有林野の区域を管轄する森林管理署長、森林管理署支署長又は森林管理事務所長(以下「森林管理署長等」という。)に別記様式に定める入林届(以下「入林届」という。)を提出して下さい。

    (※1)原則、入林しようとする 7開庁日以前の勤務時間内 

    (※2)別記様式「鳥獣の捕獲等のための入林届」

     入林される署別の入林届をご使用ください

      富山(WORD : 51KB)    北信(WORD : 48KB)  中信(WORD : 48KB)       東信(WORD : 48KB)

      南信(WORD : 48KB)    木曽(WORD : 48KB)     南木曽(WORD : 50KB)     岐阜(WORD : 48KB)

      飛騨(WORD : 48KB)    東濃(WORD : 48KB)     愛知(WORD : 51KB)

     
    (2)森林管理署長等は、入林届を受理したときは、当該入林届の記載内容を確認し、記載内容に不備等がなければ接受印を押印し届出者へ返送します。なお、入林届に不備等があった場合は、届出者に届内容の修正をお願いする場合がありますので、連絡先の記入漏れがないよう、よろしくお願い致します。
    入林届の返送に際し、郵送をご希望される方は返送用封筒及び切手(84円)を同封下さい。

     (3)入林届の様式、鳥獣の捕獲等を目的として国有林に入林する者の立入禁止区域 (森林管理署等が作業を行う予定区域及びその周辺区域を明示した図面(以下「立入禁止区域図」という。)、安全のための遵守事項を必ずご確認ください。また、管轄する森林管理署等において配布もしておりますので、ご利用下さい。

     (4)入林届の届出は、森林管理署等への持ち込みによる方法、郵送による方法に加え、ファクシミリ及びインターネット(E-mail)によることができます。なお、それぞれの申し込み方法による、宛先、連絡先(電話及びFAX)、E-mailアドレスは入林届提出先一覧表のとおりです。

     (5)入林届の受理後、森林管理署長等から必要に応じて、届出者に対して安全上必要な注意事項を指示する場合がありますので、指示があった場合は遵守願います。

     (6)入林届は、届出の内容に変更がない限り、同一年度内であれば、一回の堤出となります。ただし、実際の入林が決まった場合は、入林する日までに入林する日と場所を、森林管理署等に連絡してください。また、銃猟を除くわな猟等については、入林日と場所及びわなを仕掛ける位置について連絡してください。

     (7)鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第14条の2に規定する指定管理鳥獣捕獲等事業による夜間銃猟を目的とする入林届には、夜間銃猟作業計画を併せて提出して下さい。
    (8)入林にあたっては、返送された接受印のある入林届(写)を必ず携行してください。
    (9)入林届の連絡先には、電話番号に加え、FAX番号(FAXでの返送を希望される方)又はメールアドレス(メールでの返送を希望される方)の記入をお願いします。

     

     2.国有林野内で無人航空機(ドローン、ラジコン機等)を飛行させる場合

    一般の方が、国有林野内で無人航空機(ドローンやラジコン機等で航空法において規定されているもの)を飛行させる場合は、以下「入林届」に必要事項を記入の上、入林を予定される国有林を管轄している森林管理署等に提出して下さい。また、無人航空機を飛行させる者が国有林野内に立ち入らずに無人航空機を国有林野内で飛行させる場合や、国有林野の借受者が国有林野内で無人航空機を飛行させる場合も、上記同様に「入林届」を提出して下さい。

     無人航空機を飛行させる場合の入林届(WORD : 31KB)


    「入林届」の提出は、余裕をもった日程(7開庁日前までに)でお願いします。

    入林届は持ち込み、郵送及びFAX、メールにより提出可能です。

    • ・入林届の返送に際し、郵送による返送をご希望される方は返送用封筒及び切手(84円)を同封してください。

     森林管理局・署等の職員や森林管理局・署等が発注する事業や調査等の受託者が、国有林野内で無人航空機を飛行させる場合は、「入林届」の提出は必要ありません。

    【注意事項】 

    国有林野内で無人航空機を飛行させる場合は、以下の事項に注意して下さい。 

    (1) 事前に、無人航空機の飛行目的、日時、経路、高度等を管轄森林管理署等に伝えて下さい。仮に、国有林野内の事業実行や一般入林者に支障を及ぼすおそれがある場合は、飛行場所や日時等の変更をお願いさせていただきます。 

    (2) 無人航空機の飛行にあたっては、航空法、電波法等関係法令及び「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」(国土交通省航空局)を遵守し、これに基づく必要な手続をとって下さい。例えば、地表等から150m以上の上空での飛行や目視の範囲外での飛行など、航空法に規定されるルールによらずに無人航空機を飛行させる場合は、安全面の措置を講じた上で、国土交通大臣による許可・承認を必ず受けて下さい。

      

    リンク:国土交通省 航空局

     無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の飛行ルール

     http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

    無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の飛行に関するQ&A(PDF : 627KB)

    無人航空機に係る規制の運用における解釈について(PDF : 131KB)

     

     (3)国立公園内での飛行を伴う場合は、以下をご確認ください。なお、本項については飛行させる場所を担当している国立公園管理官事務所・自然保護官事務所等にお問い合わせください。

     20180921日 国立公園内におけるドローンの使用について(環境省信越自然環境事務所)

     http://chubu.env.go.jp/shinetsu/to_2018/post_96.html

     (4) 事故防止に万全を期して下さい。特に、国有林野職員から指示があった場合は、これに従って下さい。

     (5) 入林するときは、入林前に森林管理署等又は森林事務所に連絡して下さい。

     また、入林にあたっては、返送された接受印のある入林届(写)を必ず携行してください。

     (6) 第三者のいない上空で飛行させて下さい。

     (7) 国有林野の貸付地上空について、貸付地の管理者(借受者)が無人航空機の飛行ルールを定めている場合は、当該ルールを遵守して飛行させて下さい。

     (8) 不必要な低空飛行、高調音を発する飛行、急降下など、人や物件等に迷惑を及ぼすような飛行は行わないで下さい。特に、一般入林者や他の国有林野事業の受託者等への危害又は迷惑となる行為は行わないで下さい。

     (9) 希少な野生生物が生育・生息している地域では、営巣期間中は避けるなど、生育・生息に悪影響を及ぼさないように飛行させて下さい。特に、営巣箇所が見られた場合は、当該箇所及びその周辺での飛行は行わないで下さい。

     (10) 無人航空機による事故を起こし、又は無人航空機を紛失した場合は、速やかに森林管理署又は森林事務所に連絡して下さい。

     (11) 無人航空機の回収は入林者の責任で行って下さい。

     (12)入林届の連絡先には、電話番号に加え、FAX番号(FAXでの返送を希望される方)又はメールアドレス(メールでの返送を希望される方)の記入をお願いします。

      

    3.国又は地方公共団体の職員等が国有林野に入林する場合

     (1)入林の手続きについて

     国又は地方公共団体の職員(受託者及び請負者を含み林野庁職員を除く。以下「国の職員等」という。)が国有林野に入林する場合には、あらかじめ、入林届を届け出て下さい(持ち込み、郵送及びFAX、メール可)。

    国の職員等のための入林届(WORD : 27KB)

     なお、国の職員等が鳥獣の捕獲等を目的として入林する場合は、1の「鳥獣の捕獲等を目的とする場合の手続」と同様の手続きを行ってください。

     

    ただし、次に掲げる場合においては、国の職員等の入林届の届出は必要ありません。

     ア.入林の目的が、測量、地質調査等のためであって、土石若しくは樹根の採掘その他の土地の形質の変更又は立木竹の伐採若しくは立木竹の損傷を伴う場合において、当該行為につき国又は地方公共団体から森林管理署長等に対して行う協議が整っているとき。

     イ.国有林野内における自然公園、治山施設等の巡視等のため、常時入林を必要とする国の職員等であって、当該国又は地方公共団体から森林管理署長等に対し、その職務、氏名及び服装上の特徴があればその内容を示して、入林の包括的協議があった者が、当該職務のため入林するとき。

    (2)入林届(写)、身分証明書の携行等について

     入林する国の職員等は、接受印のある入林届(写)を必ず携行していただくほか身分証明書を携行し、できるだけその身分を明示する腕章等を着用するようお願いします。 

    4.上記以外の目的等で入林する場合(イベント開催、取材、調査等)

     (1)下記 別紙様式「その他の目的の入林届」(word)に所要事項を記入の上、入林を希望される管轄の森林管理署等に提出してください(持ち込み、郵送及びFAX、メール可)。入林届は、内容を確認の上、接受印を押して返送します。仮に、国有林野内の事業実行や他の入林者に支障を及ぼすおそれがある場合は、入林場所や日時等の変更、入林のお断りをさせていただく場合があります。

    その他の目的の入林届(WORD : 51KB)

     (2)入林箇所や目的等によって、関連資料の追加提出をお願いしたり、森林管理署等にお越しいただいて詳しくお聞きすることがありますので、7開庁日前までに提出してください。

     特に、調査等により立木竹の伐採又は立木竹の損傷、土地の形質変更等を伴う場合は、法令に基づく諸手続が必要な場合があります。あらかじめ入林届提出前に、当該区域の国有林を管轄する森林管理署等にご相談いただきますよう、よろしくお願いいたします。

     (3)入林届を提出する場合は、次の項目に注意して提出してください。

     ア.連絡先には、電話番号に加え、FAX番号(FAXでの返送を希望される方)又はメールアドレス(メールでの返送を希望される方)の記入をお願いします。

     イ.入林箇所を記入する場合は、具体的な箇所名を記入してください。

     ウ.複数名での入林の際は、「入林者名簿」に氏名を記入し提出してください。

     エ.入林届の返送に際し、郵送をご希望される方は返送用封筒及び切手(84円)を同封下さい。

     オ.入林届の記入に際し、不明の点は入林を希望する国有林を管轄している森林管理署等に、お問い合わせの上、記載内容をご確認のうえ提出してください。 

    4)入林届(写)の携行について

     入林にあたっては、返送された接受印のある入林届(写)を必ず携行してください。
     

    《許可申請》

    1.高山植物等を採取する場合

     (1)国有林内で高山植物等を採取する場合は「高山植物採取申請書」の提出が必要になります。なお、採取できる方は下記のア~ウに該当し、かつ、学術研究上必要があると認められる場合に限ります。

     ア.学校教育法第1条(幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校)の学校において植物を研究する職員

     イ.大学の学生で植物学を修習する者

     ウ.植物学を専門に研究する者

     (2)高山植物等を採取される方は、入林される国有林を管轄している森林管理署等へ申請書の提出をお願いします。提出された申請書を確認し、特段の問題等がない場合には許可証を交付します。 ただし、天然記念物に指定された植物、その他その種類の保存上支障があると認める植物については原則として許可することはできません。 

    なお、複数の森林管理署等の管轄区域において採取を予定する場合は、一括して中部森林管理局長あてに申請書を提出できるものとしますが、当該森林管理署等の管轄する区域毎に内訳が分かるように記載して下さい。この場合は、各森林管理署長等への申請書の提出は不要です。

     (3)高山植物等の採取にあたっては、自然公園法、種の保存法、文化財保護法、森林法、自然環境保全法、鳥獣保護管理法等関係法令に基づく手続き(許可)が必要な場合があります。例えば、国有林の自然公園内、保安林指定地内においては、環境大臣、あるいは都道府県知事の許可が必要になる場合があります。それらの許可申請の手続きは、採取申請者において行ってください。

     (4)申請書は採取をしようとする日の7開庁日前(中部森林管理局長あてに提出する場合は14開庁日前)までに必要書類(採取者の資格を証明する書類、採取を目的とする内容がわかる資料等、複数の者の場合は採取者名簿、関係法令等に基づく許可証の写し、複数年度に及ぶ採取期間とする場合はその理由書)の提出をお願いします。 

    なお、許可証の返送に際し、郵送をご希望される方は返送用封筒及び切手(84円)を同封してください。

    高山植物等採取申請書様式(PDF : 126KB)(WORD : 31KB)

     (5)採取する個体の正確な分布が特定できない等の理由により、採取位置が確定できない場合は、おおよその採取地点(○○国有林××林班)での申請とすることができます。ただし、採取後には管轄する森林管理署等あてに採取した場所を報告してください。

     (6)採取許可期間は原則として単年度としますが、特別な理由により複数年度にわたる採取期間が必要な場合は、その理由書を添付して下さい。ただし、申請内容によっては単年度のみの許可とする場合があります。

     (7)当該申請書を出された場合、入林届の提出は不要ですが、許可証の携行が必要です。許可証を携行していない場合は採取できません。

     

    国有林へ入林される皆様へお願い

     国有林は、みんなの森林です。ルールやマナーを守って、気持ちよく利用しましょう。

    • ・断り無く、穴を掘るなど土地を改変したり、動植物の捕獲や採取はしないでください。

     (注)国有林野の土地や樹木等は、国が管理している国有財産であり、また、国有林の多くでは、各種法令により行為制限が設けられていますので、無断でこれらの行為を行った場合は、法令に基づき罰せられることがあります。

     ・動植物の保護にご協力ください。

    • ・歩道や広場等の区域外や立入制限の表示がある区域には、緊急避難のために必要な場合等を除き、立ち入らないでください。
    • ・国有林内では、歩道や広場等入林いただける場所であっても、入林には常に倒木や枝の落下、落石等の危険が伴いますので、入林中は極力周囲の状況の把握に努めるなど危険を回避できるようにしてください。また、風雨が強い場合などの悪天候時の入林はお控えください。
    • ・ゴミの持ち帰りにご協力ください。持ち込まれたゴミは、必ず持ち帰ってください。
    • ・タバコなどの火の始末に十分注意してください。野営場の決められた場所以外でのたき火はしないでください。
    • ・登山は自己責任が原則です。天候や、登山情報を確認し十分な装備で入山して下さい。また、ご家族へ行き先を告げるとともに、必要に応じ、登山目的地を管轄する都道府県警察等へ登山計画書の提出をしてください。(県によっては条例により登山計画書の提出を義務づけている場合があります。なお、森林管理署等では、「登山計画書」(登山届)は受け付けておりません。) 

     登山計画書(登山届)(外部リンク)

    長野県(長野県ホームページ)

    岐阜県(岐阜県警察ホームページ)

    富山県(富山県警察ホームページ)

    愛知県(愛知県警察ホームページ)

       

     

     

    お問い合わせ先

    計画保全部保全課
    担当者:企画係
    Tel: 050-3160-6521
    e-mail: c_kanri@maff.go.jp
    FAX: 026-227-1312

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader