English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > スギ・ヒノキ花粉に関する情報 > スギ・ヒノキ林に関するデータ


ここから本文です。

スギ・ヒノキ林に関するデータ

  スギ、ヒノキは、我が国を代表する主要な造林樹種であり、形質に優れ加工しやすいこと、成長が早いことなどから、古くは奈良時代から広く利用されています。

  また、戦時中及び戦災復興需要に伴う伐採跡地の復旧や経済発展に伴い増大した木材需要への対応など、各時代の国民的ニーズや社会・経済的要請に応えるため、スギ、ヒノキの造林を推進してきたところであり、これらの人工林は、木材資源であると同時に、国土の保全や地球温暖化の防止、水源のかん養等の多様な公益的機能を発揮しています。

  我が国の国土面積( 3,779万ヘクタール)の約7割を森林面積(2,508万ヘクタール)が占めており、そのうち、人工林面積は、1,029万ヘクタールで、森林面積の約4割となっています。

  なお、スギ人工林は、448万ヘクタールで、森林面積の18%、人工林面積の44%、ヒノキ人工林は、260万ヘクタールで、森林面積の10%、人工林面積の25%を占めています。

 

      スギ・ヒノキ人工林割合

資料:林野庁業務資料(平成24年3月31日現在)

 

    人工林齢級別面積

         資料:林野庁業務資料(平成24年3月31日)

         通常、スギ花粉が盛んに生産されるのは、30年生以上と言われています。

 

都道府県別スギ・ヒノキ人工林面積     

 

    都道府県別スギ・ヒノキ人工林面積表 

    資料:林野庁業務資料(平成24年3月31日)

 

 

お問い合わせ先

森林整備部森林利用課
担当者:森林環境保全班
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図