このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

林業労働安全衛生対策の推進

林業は多様な自然環境の中で危険な作業を行う業種です。一方、安全についての専門的なスタッフを配置することが困難な小規模零細な林業経営体が多く存在するなど安全対策は不十分です。このため、林野庁では、労働行政や都道府県等と連携を図りながら、各種林業労働安全衛生対策を推進しています。

1 現場技能者キャリアアップ・林業労働安全対策

 (1)現場技能者キャリアアップ対策
各研修を通じて安全教育、安全指導実施します。 

           (ア)林業作業士(FW)研修:3年間の基本研修の間に安全かつ効率的な作業を行うために必要な知識、技術・技能を習得
           (イ)現場管理責任者(FL)研修:個々の現場の安全衛生管理に必要な知識技術・技能を習得
           (ウ)統括現場管理責任者(FM)研修:現場全体の安全衛生管理体制の構築に必要な知識、技術・技能を習得

 (2) 林業労働安全推進対策

  林業経営体の自主的な安全活動を促進するため、養成した林業経営体の指導等を担える労働安全の専門家(労働安全コンサルタント)を活用し、その活動を通じて事業主の意識改革や地域の安全指導能力の向上を図るとともに、業界全体に安全意識の啓発を行います。

 Ø林業労働安全指導者による安全活動の促進

林業事業体への安全診断を標本的に実施することによって経営層の安全に対する意識改革を促すとともに、地域の実情を踏まえた安全指導の方針を作成します。
地域の安全指導能力の向上を図るため、既存の安全指導体制への教育訓練等を行います。


 Ø林業労働災害撲滅に向けた取組

・チェーンソー作業の安全確保を図るため、チェーンソー操作技術の自己訓練用及び指導者向けテキストを作成します。
労働災害撲滅に向け、地域の行政機関の協力の下、全国で林業労働災害にかかる意見交換等の取組を実施します。

2 林業成長産業化総合対策のうちマーケティング力のある林業担い手育成労働安全の確保

林業就業者が安全かつ適切に作業ができる労働環境をつく ために都道府県等が行う取組に対して助成します

Ø (ア)林業の労働安全に関する実技研修会等の実施、安全作業対策の支援等
Ø (イ)労働安全管理体制の整備(安全衛生指導員の養成、巡回指導、救助訓練の実施等
Ø (ウ)振動障害予防対策、蜂刺傷災害防止普及啓発の実施
Ø (エ)労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針に則した労働安全衛生活動の普及啓発等



お問合せ先

林政部経営課林業労働対策室

担当者:労働安全衛生班
代表:03-3502-8111(内線6085)
ダイヤルイン:03-3502-1629
FAX:03-3502-1649