このページの本文へ移動

林野庁

メニュー
形船と春の嵐山
屋形船と春の嵐山
春の嵐山
春の嵐山
春の嵐山
夏の嵐山
秋の嵐山
秋の嵐山
天龍寺より望む秋の嵐山
冬の嵐山

京都市の西部を流れる大堰川右岸に位置しており、渡月橋から上流側左手に見える森林のほぼ全域が嵐山風景林です。一部にスギ、ヒノキが植栽されていますが、大部分が高齢級の天然林でカエデ、ケヤキ、サクラ、アラカシのほか、尾根筋にはアカマツが生育しています。

景勝地としての「嵐山」は、今から約 1,200年前の桓武天皇の御行幸の頃から当時都人の遊興の地として始まり、洛西の大堰川両岸一帯をさし、その美しさは、四季折々の変化に富む「嵐山の森林」、清流をたたえる「大堰川」、優雅な姿をとどめる「渡月橋」の調和美であるといわれています。

付近には、古歌に詠まれた小倉山をはじめ、天龍寺、法輪寺、亀山公園、嵐山モンキーパークいわたやま等数多くの名所があり、洛西の一大観光地として年間1,000万人以上の観光客が訪れ、この風景に魅了されています。
また、嵐山・嵯峨野は、歴史を秘めた古刹、鵜飼やトロッコ列車、伝統行事など四季を通じて楽しむことができます。

なお、嵐山風景林の内部には、急傾斜で落石等の危険があるため、一般の方の立入はできません。 このレクリエーションの森については、渡月橋や周囲の天龍寺等の寺院の背景林として外からの眺めを堪能するのが最適な楽しみ方になります。 なお、本区域は、「世界文化遺産貢献の森林」に設定されています。

所在地

京都府京都市 嵐山

嵐山風景林マップ

アクセス

電車・バス利用
  • JR山陰本線 嵯峨嵐山駅より徒歩10分
  • 私鉄(京福嵐山線・阪急嵐山線)嵐山駅より徒歩 5分
  • JR山陰本線亀岡駅より保津川下りの乗合舟を利用して嵐山に来ることも出来ます。
嵐山駅までのアクセス
  • 京都駅(⇒ 嵯峨嵐山)約15分
  • 関西国際空港 JR特急はるか利用(関西空港⇒京都)約1時間半

園内地図

※当該風景林は急傾斜で落石等の危険があるため、一般の立入が制限されています。

お問合せ先

京都大阪森林管理事務所

TEL:075-414-9822
FAX:075-432-23758

http://www.rinya.maff.go.jp/kinki/kyoto/index.html

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader