このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

森林生態系多様性基礎調査

森林生態系多様性基礎調査は、持続可能な森林経営の推進に資する観点から、森林の状態とその変化の動向を全国統一した手法に基づき把握・評価することにより、森林計画における森林の整備に係る基本的な事項等を定めるのに必要な客観的資料を得ることを目的として実施されています。

調査は5年間で全国を一巡するサイクルとしており、平成11年度に調査を開始し、平成26年度から第4期調査が行われています。

※平成21年度まで、森林資源モニタリング調査として実施

調査方法

調査内容

調査結果

森林生態系多様性基礎調査における複数年契約による民間競争入札の実施について  

 

GPSによるプロット到達

プロットの設定

胸高直径計測

樹高計測

 

 

お問合せ先

森林整備部計画課

担当者:全国森林計画班
代表:03-3502-8111(内線6144)
ダイヤルイン:03-6744-2300
FAX:03-3593-9565