このページの本文へ移動

近畿中国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    入札公告

    天皇陛下御即位記念分収造林の公募について

    令和2年4月7日

    近畿中国森林管理局長 長田 朋二

    募集は終了しました。
      近畿中国森林管理局では、天皇陛下御即位に伴う慶祝行事等の一環として、管内の国有林野を対象に記念分収造林を設定することとしました。
      これまでも、国有林野を活用した分収造林の設定により、国有林野が所在する地域の振興を始め、国民の皆様の緑化意識の高揚や学校教育等にも一定の役割を果たしてきたところですが、近年、ますます高まっている緑に対する国民の皆様の関心にお応えするために、天皇陛下の御即位を記念した分収造林地の設定に向けて、下記のとおり契約相手方を募集することにしたところです。

    1. 対象地選定の基本的な考え方
      都市住民の生きがいの増進、青少年の心身の健全な発達、ふれあいの場、保健休養及び地域振興への寄与等の観点から対象地を選定しました。

    2. 対象地の所在、面積及び植栽樹種
      別紙「令和2年度記念分収造林公募対象地の公示」のとおりです。

    3. 分収造林契約の最低面積
      契約1件ごとに、概ね1ヘクタール以上とします。

    4. 契約の存続期間
      契約の存続期間は、80年を超えない範囲で期間の設定を行うことができます。
      一般的には、スギであれば50年から60年、ヒノキであれば55年から65年程度になります。また、地域に代表される広葉樹等の植栽も可能ですが、植栽する樹種によって存続期間が異なることに留意してください。

    5. 分収割合
      造林者100分の80・国100分の20
      一般の分収造林(造林者100分の70・国100分の30)に比べて造林者に有利な設定となっています。

    6. 契約相手方の要件
      都道府県、市町村、各種学校、森林組合、地域住民が組織する団体、林業・木材産業等を営む者が組織する団体等であって、造林、保護義務の履行が確実であると認められる者となります。

    7. 優先順位
      応募者が競合した場合は、国が定めた順位により契約者を決定します。また、同順位で競合した場合は、抽選により契約者を決定します。

    8. 募集期間
      令和2年4月7日(火曜日)から令和2年5月29日(金曜日)まで

    9. その他
      (1)森林管理局又は森林管理署は、契約者からの要請に基づき、以下のことを行います。
      ア技術指導
      イ苗木購入先の紹介
      ウ植え付け、保育、保護管理等の作業受託者の紹介
      (2)造林作業等に活用できる国庫補助については、林野庁ホームページ(以下のURLを参照)の資料等をご覧いただくとともに、具体の補助申請については都道府県にご相談ください。
      (参考)森林整備事業について
      http://www.rinya.maff.go.jp/j/seibi/zourinkikaku/shinrinseibi_aramashi.html


      令和2年度記念分収造林公募対象地の公示

      公募分収造林の概要

      分収造林契約書案

      分収造林契約申請書

    お知らせ

    農林水産省の発注事務に関する綱紀保持を目的として、農林水産省綱紀保持規程(平成19年農林水産省訓令第22号)が制定されました。この規程に基づき、第三者から不当な働きかけを受けた場合は、その事実をホームページで公表するなどの綱紀保持対策を実施しています。
    詳しくは、当ホームページの「発注者綱紀保持対策」をご覧ください。

    お問合せ先

    森林整備部 森林整備課

    担当者:分収林係
    ダイヤルイン:050-3160-6793
    FAX番号:06-6881-3427

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader